しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

チャートで使われる指標 %R

こんにちは、しまじろうです。

 

前回のブログで話をしていました、チャートで使われる指標について、

その1「%R」についてです。

 

f:id:shimajirou37:20180106212136j:plain

 

%Rとは

%Rとは、正確には「ウィリアムズ%R」という名前で、

1966年、アメリカのラリー・ウィリアムズという方が考案した、チャートを分析するための指標のことです。

 

何を分析しているかというと、今の株の価格が買われすぎている状況なのか、売られすぎている状況なのかを見ることができます。

 

f:id:shimajirou37:20180106214640j:plain

      マネックス証券より「アップル」のチャート

 

チャートの下に表示されているグラフが、「ウィリアムズ%R」の指標になります。

見方は、下限0から上限100までの間で、グラフが行ったり来たりしていますが、その中で、20より下にいった青色の状態が売られすぎ

これに対し、80より上に行った赤色の状態が買われすぎとなります。

 

売られすぎの場合、株価が下がるため、そのうち買われて、株価が上昇

買われすぎの場合、株価が上がるため、そのうち売られて、株価が下降

 

この「ウィリアムズ%R」の指標を使うことで、これからの株価の動きを予想することができます。

ここまでだと、指標に従って購入すれば必ず儲かるのでは!?

と思いますが、弱点も持っています。

 

 

それは、株価が上昇し続ける場合や、下降し続ける状況には、対応ができないというところ

 

20を下回り、次の株価上昇に向けて購入をしたところ、下がり続けてしまった

80を上回り、次の株価下降に向けて売却をしたところ、上がり続けてしまった

 

ということもある為、適切な状況判断のもと、この指標を使うことが良さそうです。

未来を読み解くことは、むずかしー

 

それでは