しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

アメリカ企業を分析するための指数 PER

こんにちは、しまじろうです。

 

保有している銘柄について、買いました方が良いのか、

いや、売却をして、他の銘柄にした方が良いのか、

新しいセクターの銘柄を欲しいけど、何を購入したらいいのか、

 

f:id:shimajirou37:20180127124257j:plain

 

さまざまな情報が交錯するなか、

今後、どうすればいいかの判断をするうえで、

企業を分析することは、たいへん重要なことです。

 

ただ、分析するにしても、なじみのない言葉がたくさん。。。

少しづつ、学んでいきますっ

 

PERとは

アメリカ企業を分析するために使われる指数として、

もっともよく目にする指数のひとつが「PER」

 

「PER」とは、

日本語で書くと、「株価収益率」となります。

 株価収益率:Price Earnings Ratio(英語で書くとこうなります。)

頭文字をとると、「PER」ですね!

 

意味は、企業の利益に対して、現在の株価がどれくらいなのか、

をあらわします。

(めっちゃ、ざっくり)

 

PERの計算式

PERの指数をはじき出すためには、下の計算式を使います。

  株価収益率(PER)= 株価 ÷ 1株あたりの利益

それぞれの値は、

 ・株価      :チャートから読みとる、現在の株価

 ・1株あたりの利益:発行している株、1株にあたいする利益(そのままやん)

 

この1株あたりの利益の出し方は、

 1株当たりの利益  業の利益 ÷ 発行済み株式数

それぞれの値は、

 ・企業の利益  :企業が稼いだ売上から、税金を引いた金額

            純利益ともいう

 ・発行済み株式数:発行している株数から、自分で保有している株数を引いた数

 

 

 つまりまとめると、こうなります。

 株価収益率(PER)=株価÷(企業の利益÷発行済み株式数)

 

 

実際に、値を入れてみる

実際に、数字を入れて計算してみます。

莫大な時価資産を保有する、アップル「AAPL」にて

 

 ・株価・・・             $171.51ドル

 ・企業の利益・・・  $48,351,000,000ドル

 ・発行済み株式数・・・  5,087,056,000株

 

 株価収益率(PER)= 171.51 ÷

       48,351,000,000 ÷ 5,087,056,000

          = 171.51 ÷ 9.5

          = 18.05

 

株価収益率(PER)は、18.05倍になりました。

 

つまりPERってなに

計算式から、みてみると、

  • 株価が上がる    → PERが上がる

                株が買われすぎ(割高)

  • 株価が下がる    → PERが下がる

                株が売られすぎ(割安)

  • 企業の利益が上がる → PERが下がる

                業績が良い

  • 企業の利益が下がる → PERが上がる

                業績が悪い

  • 発行株数が増える  → PERが上がる
  • 発行株数が減る   → PERが下がる

 

PERが高ければ、その銘柄は割高で、

PERが低ければ、その銘柄は割安といえます。 

 

ただ、企業の業績の良し悪しにも影響されるため、

業績を把握したうえでの判断が大切です。

 

また、業界によりPERの判断基準がかわったりもするので、

ある程度は、予備知識を持ったうえで、

分析するための指数として活用するのがオススメですっ

 

それでは