しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

アメリカ企業を分析するための指数 ROE

f:id:shimajirou37:20180128172513j:plain

こんにちは、アメリカ株で資産運用している☆しまじです☆

みなさん、「ピーマンの肉詰め」って料理、食べたことあります?最近、めっちゃはまっていて、定期的にどうしても食べたくなってしまうのです!つけるタレが、からしにしょうゆ☆これが、さいこーなんですっ

というわけで、アメリカ企業を分析するための指数、(アメリカ企業でなくても、全然使えますっ)今回は、「ROE」について書いていきます。

 目次

 

ROEとは

「ROE」とは、日本語で書くと、「株主資本利益率」となります。

 株主資本利益率Retuen On Equity(英語で書くとこうなります。)

頭文字をとると、「ROE」ですね!

意味は、株主が投資した金額に対して、企業がどれくらいの利益をあげているのかをあらわします。「PER」、「PBR」ときて、次は、「ROE」ですね。

 

ROEの計算式

ROEの指数をはじき出すためには、下の計算式を使います。

  株主資本利益率(ROE)= 企業の利益 ÷ 企業の純資産 × 100

それぞれの値は、 

 ・企業の利益  :企業が稼いだ売上から、税金を引いた金額

             純利益ともいう

 ・企業の純資産 :企業が保有している純資産の金額

          株主資本、自己資本ともいう

純資産といったり、株主資本といったり、自己資本といったり、ややこしや

 

実際に、値を入れてみる

実際に、数字を入れて計算してみます。莫大な時価資産を保有する、アップル「AAPL」にて(いつも使わせていただき、ありがとうございます。)

 ・企業の利益 ・・・  $48,351,000,000ドル

 ・企業の純資産・・・ $134,047,000,000ドル

 株主資本利益率(ROE)= 48,351,000,000 ÷

               134,047,000,000 × 100

            = 36.07

株主資本利益率(ROE)は、36.07%になりました。

アップル「AAPL」は、約1,340億ドルの資産を元手に、約484億ドルの利益を生み出しており、そのパーセンテージが、36.07%ということになります。効率的すぎるっ

 

つまり「ROE」ってなに

計算式から、みてみると、

  • 企業の利益が上がる  → 「ROE」が上がる

                  企業の評価アップ

  • 企業の利益が下がる  → 「ROE」が下がる

                  企業の評価ダウン

  • 企業の純資産が上がる → 「ROE」が下がる
  • 企業の純資産が下がる → 「ROE」が上がる

「ROE」が高ければ、その企業は効率良く、資産から利益を生み出している「ROE」が低ければ、その企業は資産に対して、効率良く利益を生み出せていない見ることができ、企業の運営について、数値的に判断するための指数として、使うことができます。 

ただ、注意しなければいけないのが、企業が保有している純資産が少ない場合、「ROE」の数値が大きくなってしまうところです。

この場合は、その企業の運営が優れているからとは、いえませんよね。

「ROE」だけの数値では判断せず、他の指数や、業績も参考にしながら、使っていくことが良さようですっ

それでは