しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

アメリカ企業を分析するための指数 PSR

f:id:shimajirou37:20180201224352j:plain

こんにちは、アメリカ株で資産運用している☆しまじです☆ 

アメリカ企業を分析するための指数、(ちなみに、アメリカ企業でなくても、全然使えますっ)

今回は、「PSR」について書いていきます。またまた、3ケタの英語登場ですね (^_-)-☆

 目次

 

PSRとは

 「PSR」とは、日本語で書くと、「株価売上高倍率」となります。

 株価売上高倍率Price to Sales Ratio(英語で書くとこうなります。)

頭文字をとると、「PSR」ですね!

今の株価が、売り上げに対してどうであるかを表す指数です。

 

PSRの計算式

PSRの指数をはじき出すためには、下の計算式を使います。  

 株価売上高倍率(PSR)  時価総額 ÷ 企業の年間売上

それぞれの値は、

 ・時価総額   :現在の株価 × 発行済み株式数

 ・企業の年間売上:企業の1年間の売上

 

実際に、値を入れてみる

実際に、数字を入れて計算してみます。

時価総額ランキング、第1位のアップル「AAPL」にて(株価、持ち直してくれ~。今となっては、良かった時の数値です☆) 

 ・時価総額・・・$851,725,786,000ドル

 ・年間売上・・・$229,234,000,000ドル

 株価売上高倍率(PSR) 

      851,725,786,000 ÷ 229,234,000,000

              3.72    

株価売上倍率「PSR」は、3.72倍になりました。

 

つまりPSRってなに

計算式から、みてみると、

  • 株価が上がる    → PSRが上がる

                割高である

  • 株価が下がる    → PSRが下がる

                割安である

  • 発行株数が増える  → PSRが上がる
  • 発行株数が減る   → PSRが下がる
  • 企業の売上が上がる → PSRが下がる
  • 企業の売上が下がる → PSRが上がる 

つまり、株価売上倍率「PSR」とは、現在の株価が、割高なのか、もしくは割安なのかを判断するための指数になります。 

株価の割高割安を見る指数としては、株価収益率「PER」がありましたね。

株価収益率「PER」に対して、この株価売上倍率「PSR」は、企業の売上だけが考慮され、利益が考慮されないために、その企業のことを、ある程度知ったうえで分析しないと、正確な判断ができない場合があります。

ただ、赤字の企業についても、指数を分析することは可能なため、バリュー株なんかで、使えるのではと思いますっ 

それでは