しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

VIXショック 株価の動きとVIX指数 その1

f:id:shimajirou37:20180210094711j:plain

こんにちは、アメリカ株で資産運用している☆しまじです☆

アメリカ株が、下がりまっくったり、少し上がったり、値動きがすごすぎ (ToT)/~~~

今週、1週間で、保有銘柄のうち、プラスに転じているのは、わずか2銘柄(1月前に購入してから)

  1. バンク・オブ・アメリカ「BAC」 +0.5 ドル
  2. マイクロソフト「MSFT」     +0.83ドル

まあー、ぎりぎりの含み益 

でも、この大幅下落の市況の中、株価を下げていないこの2つは、投資家からの評価が高いのではっ

ちなみに、トータルでは、-326.96ドルの含み損です。。。切り返しには、時間がかかりそう 泣

 目次

 

VIXショック!!

 このたびの、アメリカ株価大幅下落ですが、「VIXショック」とも、いわれています。

過去にあった、

  • リーマンショック
  • チャイナショック

にちなんだ、なんとかショックですね。 

過去10年間の「ダウ平均株価」がこちら ↓ 

f:id:shimajirou37:20180210103638j:plain

今回の「VIXショック」までの間に、大きく3度の株価下落がありました。

それぞれの、下落幅と、再び上昇するまでに要した時間は、 

               下落幅       要した期間

  • リーマンショック  -5,576ドル   12か月間
  • 欧州債務危機    -1,656ドル    5か月間
  • チャイナショック  -1,492ドル   12か月間
  • VIXショック      -1,959ドル

4つを比較してみると、下落幅では、なんと、「VIXショック」が、リーマンショックに次いで2番目!たったの1週間で、この下げ方は、やはりハンパないっ

これ以上、下がるとなると、リーマンショック並みとなってきます。企業の業績は申し分ない為、そこまではないのでは、と読んではいますが・・・!?

あと、下げから、再び上昇に転じるまでに要した時間については、リーマンショック、チャイナショックともに、約1年間を要しています。

超短期間での下落のため、株価上昇への切り替わりも、超短期間なのではとの、期待をしていますが・・・!?

 

VIX指標とは

そもそも「VIX指標」ってなんなんででしょうか。「VIX指標」とは、 

 VIX = Volatility Index(ボラティリティ インデックス)

 ※ボラティリティ・・・資産価値の変動の大きさを表すバロメータのこと

  インデックス・・・指針のこと  

なので、株価の変動の大きさをあらししている、ひとつの指標という意味になります。

この「VIX指標」の数値は、どのようにはじき出されているかというと、計算式は省きますが、「S&P 500」の値動きをもとに算出されています。

  • S&P 500・・・上場しているアメリカ株の内、代表的な500の銘柄で構成されている、株価指数のこと

つまり、アメリカの株式市場全体の株価の変動が激しくなればなるほど、「VIX指標」の値は大きくなり、株価がゆるやかに推移している間は、「VIX指標」の値は小さくなります。

アメリカ株価の値動きの度合いをあらわしているのが、「VIX指標」なのですね。

ちなみに、この「VIX指標」ですが、別名「恐怖指数」とも言われています。恐怖っ \(゜ロ\)(/ロ゜)/ 

それでは