しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

VIXショック 株価の動きとVIX指数 その2

f:id:shimajirou37:20180210190626j:plain

こんにちは、アメリカ株で資産運用している☆しまじです☆

前回は、過去10年間のアメリカ株の株価の推移と、「VIX指数」の紹介をしました。 

今回は、その2、「VIX指数」について、書いていきますっ

  目次

 

VIX指数の推移

「VIX指数」ですが、 これまで、どのような推移をしてきたのでしょうか。

1990年からの、月足チャートがこちら ↓

f:id:shimajirou37:20180210192233j:plain

去年からの、日足チャートがこちら ↓

f:id:shimajirou37:20180210203345j:plain

1990年以降のチャートから、今日までの間に、何回か「VIX指数」が上昇していますが、ダントツなのが、リーマンショック!!

なんと、最高96.4を記録!!

20を超えると、投資家が危機感を持つと言われている、 「VIX指数」、すなわち恐怖指数ですが、なんとも、これだけの数値を過去に記録していたのですね。

今回ですが、上昇をはじめた3日後には、チャイナショックと同じくらいの高さの

50.3に達しています。

その後、ある程度落ち着いて、現在値29.06となっていますが、ほぼ30ということで、まだまだ危険エリア真っ只中です。

ちなみに、上昇するまでは、きれいなくらい真っ平ら。ほぼ恐怖感ゼロ状態です。

 

株価下落のきっかけ

 ただ、「VIX指数」の上昇が今回の株価下落の、原因ではありません。 

株価が下落 → 「VIX指数」が上昇 → さらなる株価の下落を推し進めたという流れです。

きっかけとなった原因は、

  • 長期債(アメリカ国10年債)における、年利回りの上昇
  • 株価の上昇が続きすぎたことによる、不安

 によるところだと、推測されます。 

ただ、「VIX指数」が上がることで、損失を抑えるために、株が次々と売られていった事が、短期間で、ここまで株価の下落が進んだ原因にもなっています。

 

今後どうなる!?

ここまで、株価が上下に動いてしまうと、また、安定して上昇を続ける相場に戻るまでは、ある程度の時間が必要だと思われます。

1か月、2か月、それとも6か月くらい?

ただ、あのリーマンショック後においても、アメリカ株市場は、約1年後に上昇相場に転じ、約2年後には株価を持ち直しています。

過去の実績から、また、上昇相場になることに間違いないでしょう (^_^)v

それまでの期間、資産が減ってがっかりではありますが、買いのチャンスでもあります!!

どの企業に投資をしたらいいのか、じっくり検討しますっ  

それでは