しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

アメリカ企業を分析するための指数 配当性向

f:id:shimajirou37:20180204070617j:plain

こんにちは、アメリカ株で資産運用している☆しまじです☆ 

アメリカ株を分析するための指数☆(アメリカ株以外でも、もちろん使用可能ですっ)

今回は、「配当性向」について書いていきます。「配当利回り」とは、配当つながりですね。(名前が・・・)

 目次  

 

配当性向とは

「配当性向」とは、 企業が儲けた利益を、どれだけ株主に配当しているかをあらわす、

指数(パーセント)になります。

 

配当性向の計算式

「配当性向」指数の計算式はこちら。

  配当性向(%)= 1株あたりの配当金 ÷ 1株あたりの純利益 × 100

それぞれの値は、

 ・1株あたりの年間配当金:企業が株主に配る年間の配当金額

 ・1株あたりの純利益  :現在の株価に内、純利益が占めている額

1株あたりの純利益って、いわゆる「EPS」ですよね!  

分析するための指数って、他の指数と密接に関係してることが多いですね。

 

実際に、値を入れてみる

実際に、数字を入れて計算してみます。

今回も、莫大な時価資産を保有する、アップル「AAPL」にて(iPhoneXへの更新、ねらってますっ☆) 

 ・1株あたりの年間配当金・・・$2.52ドル

 1株あたりの純利益  ・・・$9.5ドル

 配当性向(%)= 2.52 ÷ .5 × 100

        = 26.5

アップル「AAPL」の配当性向は、26.5%になりました。

残りの、73.5%の資金は、設備投資や技術開発など、成長するために使える

資金になりますね。

FAANG銘柄でいえば、配当金を出している唯一の企業ですが、

それでも、「配当利回り」は、他のアメリカ企業に比べると、

設定が低めですし、まだまだ、余力をもってる企業と分析できます。

 

つまり配当性向ってなに

計算式から、みてみると、

  • 配当金が増える → 配当性向が上がる

              企業として、自由に使える資金が減る

  • 配当金が減る  → 配当性向が下がる

              企業として、自由に使える資金が増える

  • 利益が増える  → 配当性向が下がる
  • 利益が減る   → 配当性向が上がる 

 つまり、「配当性向」とは、良くも悪くも、 株主に渡す配当金が、その企業の利益の内のどれだけかをあらわしています。

出来るだけ、配当性向を抑えながら、配当利回りを上げていく、逆行していますが、これができるのがベストアンサーです。

さきほどの、良くも悪くのうち、悪くもについては、次に詳しく説明していきます。 

 

高い配当性向の注意点

高配当性向の企業には、気を付けなければいけません。

一見、利益を少しでも多く株主に返すとの心意気が株主からしてみれば、うれしいところ。

ですが、無理をし過ぎるとなると、そこが注意点です。

業績が、あまり振るわなくて、利益が少ないにもかかわらず、株主からの評価を下げまいと、配当金を減らさなかった場合、配当性向が、めっちゃ上がります。

自分の利益を削って、時にはすべてをなくしてまで、配当金を減らさずにふるまう時があるのです。

これが行き過ぎてしまうと、逆に配当金が出せなくなっていってしまう、という結果になることがあります。

適度な、配当性向と増配、長くその企業と付き合う上では、大切な事ですねっ 

それでは