しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

アメリカ企業を分析するための指数 キャッシュフロー その1

こんにちは、しまじろうです。

 

アメリカ株を分析するための指数☆

アメリカ株以外でも、もちろん使用可能ですっ)

今回は、「キャッシュフロー」について書いていきます。

こんどは、カタカナできましたね

 

f:id:shimajirou37:20180211213714j:plain

 

キャッシュフローとは

キャッシュフロー」とは、お金の流れのこと言います。

さらに、この「キャッシュフロー」には、

主に、次の4つがあります。

それぞれ、何をあらわしているのでしょうか

 

営業キャッシュフローとは

 まずは、「営業キャッシュフロー」から、

 「営業キャッシュフロー」とは、その企業が本業で稼いだお金のことです。

 

自動車製造業であれば、車を販売して稼いだお金、

ワイン製造業であれば、ワインを販売して稼いだお金を指します。

 

ただ、利益を得るためには、そのために必要な出費があり、

この出費を差し引いた後の、稼いだお金のことになります。

 

営業キャッシュフローによる分析

「営業キャッシュフロー」により、何が分かるかというと、

その企業が、しっかり稼げているかどうかの分析ができます。

 

稼いだお金のことなので、もちろん、多ければ多いほど

業績が好調です。

逆に、マイナスとなった場合、稼いだお金よりも、

出費の方が多い為、

台所は火の車状態、となります。

 

ただ、急成長中の企業の場合は、将来的に大きく稼ぐため、

今だけは、マイナスの「営業キャッシュフロー」となってしまう場合があります。

出世払いということですねっ 

 

投資キャッシュフローとは

「投資キャッシュフロー」とは、

その企業が投資に使ったお金のことです。

 

投資とは、将来、利益を稼ぐために使うお金のことで、

設備投資や、技術向上などに使われます。

  • 工場設備の拡充
  • 新商品開発
  • 資産運用
  • などなど

さらに、企業が大きくなっていくために、必要なお金ですね。

 

投資キャッシュフローによる分析

「投資キャッシュフロー」により、何が分かるかというと、

その企業が、ちゃんと将来に向けて投資をしているかどうかを分析できます。

 

企業が生き残っていくためには、現状維持ではなく、

常に成長していかなくてはなりません。

その為には、将来を見据えた投資が必要になってきます。

 

なので、「投資キャッシュフロー」はマイナスとなって、

順調に業績を上げている会社だと、いえます。

中身にもよりますが。

 

逆に、プラスだと、投資が出来ていないといえます。

 

ただ、投資をすることは大切でも、

稼ぐ金額を大きく上回りすぎる投資は、

また、不安材料にもなりえます。

 

「営業キャッシュフロー」を順調に増やしていきながら、

「投資キャッシュフロー」にお金を回していける企業が、

 

長い目で見て、生き残っていく企業ですねっ 

  

 

それでは