しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

鉄鋼製品に25%、アルミ製品に10%の関税がかかるとは?!

こんにちは、 

夜ご飯が、卵なしチャーハンだった、しまじです☆

 

トランプ大統領が、関税を大幅アップすると発表しました!!

アメリカへの輸入について、鉄鋼製品に25%、そしてアルミ製品に10%の関税をかけるとのことです。

 

発表を受け、株価にも影響が出ています。

この関税大幅アップですが、今後、どのようなメリット・デメリットが出てくるのでしょうか。

 

f:id:shimajirou37:20180303203044j:plain

 

なぜ、関税をアップする必要があるのか

 トランプ大統領が発表した、鉄鋼製品とアルミ製品の関税大幅アップですが、アメリカへ輸出している各国からは、さまざまな反発の声が上がっています。

 

では、なぜ、各国から批判をされてまで、トランプ大統領は関税アップをしようとしているのでしょうか。

それは、アメリカで製造されている工業製品、特に戦闘機や軍艦で使用されている鋼材が、国外から不当に安く輸入販売されることにより、アメリカ国内の鋼材メーカ企業が大打撃を受けていると、懸念していることによります。

 

関税アップによるメリット

輸入される鉄鋼が関税により高額となると、国内仕入れがメインとなり、アメリカ国内の鉄鋼メーカにおいては、需要が上がり、また、価格も上昇する可能性が高い為、業績アップにつながると予想されます。

 

アメリカの鉄鋼企業

 

世界の粗鋼生産ランキング、トップ100からピックアップしたのですが、アメリカ企業は、上記3社しかランクインされていませんでした。

思ったよりも、かなり少ない・・・。

 

多くを占めているのは、中国で、半分の50社を占めています。

確かに、これを見ると、アメリカの市場を占める割合は、かなり低い状況だと思われます。

 

株価チャート

f:id:shimajirou37:20180303215233j:plain

f:id:shimajirou37:20180303215251j:plain

 

f:id:shimajirou37:20180303215323j:plain

それぞれの企業の株価チャート(過去10年)を見ていくと、リーマンショック前にMAXの株価を記録し、その後、急激に下落。そして、minの株価まで低迷後、現在に至っているといった、似通ったチャート推移となっています。

 

関税がアップすることで、アメリカの鉄鋼企業の株価は、今後、上昇していくかもしれませんね。

 

関税アップによるデメリット

1.工業製品(自動車)

鉄鋼やアルミ製品がメインとなる工業製品、例えば自動車などは、輸入される鋼材に高い関税がかかると、鉄鋼およびアルミ製品の価格が高くなると予想されます。

 

鋼材の価格が上がると、仕入れの価格が上がり、同時に自動車の販売価格も上がります。すると、自動車を買うために一般市民は、今よりも高い金額を支払う事となり、購入しし難くなります。

最終的に、自動車メーカの業績が低迷し、景気に影響が出てくる可能性があります。

 

2.諸外国

単純に、アメリカへ鉄鋼やアルミ製品を輸出している各国は、大打撃を被ることとなります。トランプ大統領は、今回の関税アップの標的を中国に向けているとの事ですが、すべての国を対象とする事になるため、約110か国が影響を受けると考えられます。

 

まとめ

この度の、鉄鋼およびアルミ製品に関税アップにおいて、それぞれの立場において、メリットとなるところと、デメリットとなるところが出てきそうです。

 

しまじもそうですが、日本の個人投資家としては、景気が悪くなって、株価が下がる事だけは避けて欲しいと願ってますっ

 

 

それでは