しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

ブログの中身がかわります! ~数か月の間~

f:id:shimajirou37:20180314214542j:plain

こんにちは、

から揚げには、レモンとマヨネーズをつけて食べちゃいます、しまじです☆ 

今日から、数か月の間、ブログの内容が変わります♫

  目次

 

何が変わるの?

しまじろうの資産運用は、アメリカ株をメインに資産運用をしていくブログです。基本的には、そうなのですが、この度、諸事情により、ある資格を取らなければならないことになりました。

それは・・・

「第2種電気工事士

電気の工事をする為に必要な資格です。

最近、「ETF」についての内容を書いたり、アメリカ株について少しずつではありますが、 なんとなくわかってきたような感じがしてきていました。が、試験の勉強もしないといけない。どっちを取るべきか、悩みました。

出来れば、このままブログでは、投資について書いていきたかったのです。しかしながら試験も受けないといけない。両立するの無理なんではっ。ということで、思い悩んだ結果、試験勉強をしながら、ブログを書いてみようと思い、いや、ブログを書きながら、試験勉強をしてみようと思いました。どうにか、こうにか、やってみます!

なので、「第2種電気工事士」の試験に向けた内容をメインにいきながらも、たまに資産運用の内容も書いていく、方向性でいく予定です。

無事、試験に合格した時には、また、資産運用メインのブログ内容に戻ります。勝手なわがままで、すいません。。。

 

第2種電気工事士試験とは

第2種電気工事士試験とは、電気工事士法に基づく国家試験 で、この試験に合格して、都道府県知事に申請すると、第2種電気工事士の免状を受け取ることが出来ます。

免状を取得すると、一般用電気工作物の工事をすることが出来るようになります。

 一般用電気工作物 : 住宅などで、低電圧(600V以下)で受電している場所の設備

試験日

筆記試験  平成30年6月3日(日) 13:00~15:00

技能試験  平成30年7月21日(土) 又は 7月22日 11:30~12:10

筆記試験まで、今からだと、3か月を切っています。

また、試験時間だけでみると、そんなに長時間の試験ではないですね。集中が大事になりそうです。

科目(筆記試験)

  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論及び配線設計
  3. 電気機器、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
  4. 電気工事の施工方法
  5. 一般用電気工作物の検査方法
  6. 配線図
  7. 一般用電気工作物の保安に関する法令

電気に関する事ばっかりですね。あと、四肢択一方式なので、最悪でも、25%の確率で正解しますっ

科目(実技試験)

  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器及び配線器具の設置
  4. 電気機器、配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
  5. コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
  8. 一般用電気工作物の検査
  9. 一般用電気工作物の故障個所の修理

技能試験は、やってみないとわかんないですね。。。支給された材料でいろいろ、配線とかするみたいです。

申込み 

試験の申込みには、インターネット申込みと、郵便申込みを選べます。しまじは、インターネット申込みをしました。

インターネット申込みの場合、受験手数料の支払い方法を4つの方法から選べます。

  • 銀行振込決済
  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • Pay-easyペイジー)決済

しまじが選んだコンビニ決済(ローソン)では、ロッピーにLoppyコードを読み取らせて、支払をするようです。

 

試験での注意事項

試験を受けるうえで、大事な注意事項はこちらです。

  • 電卓の使用禁止
  • 筆記試験では、ボールペンは使用禁止(技能試験では、色ボールペンOK)
  • 技能試験では、電動工具は使用禁止(必要工具:ペンチ・ドライバ・ナイフ・スケール・ウォータポンププライヤ・リングスリーブ用圧着工具)

 

結果発表日

運命の結果発表日は、

 筆記試験  平成30年7月2日(月)

 技能試験  平成30年8月20日(月)

です。月曜日なんですね。ホームページで公表されるとの事です。

 

技能試験について

なんと、技能試験については、出題問題を事前に確認することが出来ます!受験案内の冊子に、№1~13まで、13個の問題が掲載されており、その中のどれかが出題される模様です。

確実に、確認するしかないですよねっ。

 

 

それでは