しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

三相3線式による配電【第2種電気工事士合格までの道】

f:id:shimajirou37:20180407065025j:plain

こんにちは、天津飯のトロッとしたタレが、たまんな~い☆しまじです☆ 

第2種電気工事士試験合格への道、第15回っ。単相2線式、そして単相3線式につづき、今回は、三相3線式についてになります。

 目次

 

三相3線式による配電

前々々回の復習から。配電方法には下の3つ

  • 単相2線式
  • 単相3線式
  • 三相3線式

の方法がありました。その内の最後になります、「三相3線式」について学んでいきます。

電圧降下

まずは、三相3線式の電圧降下について、みていきましょう。

f:id:shimajirou37:20180407071411j:plain

電圧降下の式は、

  • v=V_{s}-V_{r}

でしたね。この時の、三相3線式の回路における電圧降下は、

  • v=V_{s}-V_{r}=\sqrt{3}Ir (V)

  v:電圧降下

  V_{s}:電線を通る前の電圧

  V_{r}:抵抗にかかる電圧

  I:回路に流れる電流

  r:電線の抵抗

であらわすことができます。

電力損失

つづいて、電力損失についてですが、電力損失の計算式は、

  • P=VI=I^{2}R (W)

でしたね。そして、三相3線式には、3本の電線で電気が送られるので、単純に×3となり、

  • P_{l}=3I^{2}r (W)

  P_{l}:電力損失

  I:回路に流れる電流

  r:電線の抵抗

となります。

 

例題1

次の回路の電圧降下は?(3Φ3W電源)

f:id:shimajirou37:20180407072504j:plain

【解き方】

三相3線式の回路における、電圧降下の計算式は、

  •  v=V_{s}-V_{r}=\sqrt{3}Ir (V)

でしたね。電線に流れる電流Iと電線の抵抗rは、

  電流 I=10 (A)

  電線の抵抗 r=0.15 (Ω)

 なので、電圧降下の計算式より、

  v=\sqrt{3}Ir=1.73\times10\times0.15=2.595≒2.6 (V)

となります。

【解答】2.6(V)

例題2

次の回路の電線における電力損失は?(3Φ3W電源)

f:id:shimajirou37:20180407075857j:plain

【解き方】

三相3線式の回路における、電力損失の計算式は、

  •  P_{l}=3I^{2}r (W)

でしたね。電線に流れる電流Iと電線の抵抗rは、

  電流 I=20 (A)

  電線の抵抗 r=0.1 (Ω)

 なので、電力損失の計算式より、

  P_{l}=3I^{2}r=3\times20^{2}\times0.1=3\times400\times0.1=120 (W)

となります。

【解答】120(W)

 

今日のまとめ 

今日は、「三相3線式による配電」について学びました。3つの配電方法について学んできましたが、それぞれに特徴を持った回路となっていました。しまじ的には、単相3線式が複雑なように感じたのですが、いかがでしたでしょうか。第2種電気工事士合格までの道はまだまだ続きますっ

それでは