しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

電気工事で使う電線の種類【第2種電気工事士合格までの道】

f:id:shimajirou37:20180423215253j:plain

 こんにちは、人がより住みやすくなる環境をつくる、それが電気工事☆しまじです☆ 

 第2種電気工事士試験合格への道、第29回っ。今日は、電線の種類についての話になります。

 目次

 

電線のつくり

 

 配線工事で使用する絶縁電線には、次の2つの種類があります。

  • 単線 : 1本の銅線からなるもの 直径(mm)
  • より線 : 数本の銅線(素線)をより合わせたもの 断面積(mm^{2}

より線の方が柔らかくて、配線の取り回しがやりやすいです。また、銅線のまわりは、感電や漏電をしないように、絶縁物で覆われています。

 また、ケーブルとは絶縁電線をまとめてシース(外装)で包んだものの事になります。銅線を覆っている絶縁物の種類と、最高許容温度はこちら 

絶縁物 最高許容温度
ビニル 60℃
耐熱ビニル 75℃
ポリエチレン 75℃
架橋ポリエチレン

90℃

 一般的に使用されるビニルの最高許容温度が60℃で、さらに耐熱に耐える素材があります。表の中で最も許容温度が高い素材は架橋ポリエチレンで、90℃まで耐えることが出来ます。

電線の種類

 電線には、次のような種類があります。

電線の種類 記号 用途
600Vビニル絶縁電線 IV 屋内配線
600V2種ビニル絶縁電線 HIV 耐熱を必要とする屋内配線
引込用ビニル絶縁電線 DV 架空引込電線
屋外用ビニル絶縁電線 OW 架空電線路

 屋外用と屋内用で、種類が分かれていますね。

ケーブルの種類

 ケーブルとは、電線をまとめてシースで保護したものの事でしたね。

ケーブルの種類 記号 用途
600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形 VVF

屋内配線

屋外配線

地中配線

600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル丸形 VVR

引込口配線

屋内配線

屋外配線

地中配線

600Vポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル平形 EM-EEF

屋内配線

屋外配線

地中配線

600Vポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル CV

屋内配線

屋外配線

地中配線

MIケーブル MI 高温場所の配線
キャブタイヤケーブル CT 移動用配線

 低圧で使用するケーブル、低圧ケーブルとして、上の表にあるケーブルがあります。

コード

 コードには、次の種類のものがあり、

名称 器具 内容
平形ビニルコード

導体:軟銅より線

絶縁体:塩化ビニル

ゴム絶縁袋打コード

導体:軟銅より線

絶縁体:ゴム混合物

 電気を熱として使用する電気器具に使用することが出来ない、電線になります。電化製品についているのをよく見かけます。 

 

 

例題1

 600Vビニル絶縁電線(IV)の使用できる周囲温度は、最高何度未満?

【解き方】

 IVは、導線を覆う絶縁体がビニルであり、ビニルの最高許容温度は60℃である為、使用できる周囲温度は、60℃未満となります。

【解答】60℃未満

 

例題2

  次に書かれている電線の記号は?

  1. 600V2種ビニル絶縁電線
  2. 屋外用ビニル絶縁電線
  3. 引込用ビニル絶縁電線

【解き方】

解き方は特になく、覚えるのみです。

【解答】

  1. HIV
  2. OW
  3. DV

 

今日のまとめ 

 今日は、「電気工事で使う電線の種類」について学びました。電気の工事で使用する材料が出てきました。その物のつくりや、使用環境について、しっかり学んでいくことが大事ですねっ

 次回は、電気工事で使う配管工事用の材料についてになります。

 それでは