しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

低圧屋内配線工事における、ダクト工事【第2種電気工事士合格までの道】

f:id:shimajirou37:20180509203821j:plain

 こんにちは、ところさんの笑ってこらえてっ☆しまじです☆ 

 第2種電気工事士試験合格への道、第41回。今回はダクト工事について書いていきます。

 目次

 

ダクト工事

 今回はダクト工事についての内容となります。ダクトというと、長い四角い箱の様なもののことで、その中に電線を通していく工事ということになります。

ダクト工事の種類

 ダクト工事には、次にあるような種類のものがあります。

  • 金属ダクト工事
  • バスダクト工事
  • フロアダクト工事
  • ライティングダクト工事

 です。では、順番にどのような工事で、どのような施工上の規定があるかを見ていきましょう。

 

金属ダクト工事とは

 四角の筒状に作られた金属製のダクトの中に、多数の電線を通していく工事のことです。

金属ダクト工事における電線

 金属ダクトの中を通す電線は、次のものでないといけません。

  • 絶縁電線であること。(屋外用ビニル絶縁電線「OW」は除く)
  • 金属ダクト内では、電線相互の接続点を設けない。ただし、電線を分岐する場合において、接続点を容易に点検できる場合を除く。
  • 金属ダクトに収める電線の被覆を含む断面積は、ダクトの内部断面積の20%以下とする。ただし、電光サイン、および制御回路等の配線のみを収める場合は50%以下とする。

 となっています。金属ダクトの場合は、接続点を容易に点検できる場合、電線を分岐しても良いんですね!断面積の比率についても注意です。

金属ダクト工事における支持点間の距離

 金属ダクトを施設する場合の、支持点間の距離については、

  • 3(m)以下。
  • 取扱者以外の者が出入りできないように設備した場所において、垂直に取り付ける場合は、6(m)以下。

となっています。取扱者以外の者というのがみそですね。

金属ダクト工事における接地工事

金属ダクト工事には、接地工事が必要です。

  • 使用電圧が300(V)以下の場合、D種接地工事が必要。
  • 使用電圧が300(V)を超える場合、C種接地工事が必要。ただし、接触防護措置を施す場合は、D種接地工事にすることが出来る。

 といった規定と、簡略化の条件があります。

 

バスダクト工事とは

 バスダクトとは、銅やアルミの帯状導体を絶縁物で支持し、鉄板等で製作された箱状のケースに収めたもののことで、大きな電流が流れる幹線などに使用されます。家の中で、バスルームに配線するダクト工事だとばかり思っていた、しまじでした。(汗)

バスダクト工事における支持点間の距離

 バスダクトを施設する場合の、支持点間の距離については、

  • 3(m)以下。
  • 取扱者以外の者が出入りできないように設備した場所において、垂直に取り付ける場合は、6(m)以下。

となっています。金属ダクト工事とまったく同内容ですね。

バスダクト工事における接地工事

バスダクト工事にも、接地工事が必要です。

  • 使用電圧が300(V)以下の場合、D種接地工事が必要。
  • 使用電圧が300(V)を超える場合、C種接地工事が必要。ただし、接触防護措置を施す場合は、D種接地工事にすることが出来る。

 といった規定と、簡略化の条件があり、こちらも金属ダクト工事とまったく同じ内容となっています。

 

フロアダクト工事とは

 フロアダクト工事とは、その名の通り、フロア(床ですね)にダクトを埋め込んで配線をする工事になります。この時に使用するダクトが、フロアダクトです。そのまんまです。

 店舗や公共施設などで採用されるケースが多く、コンセントや電話線等が配線されます。

 また、このフロアダクト工事では、D種接地工事を必ず施さなければなりません。どんなにダクトが短くてもです。

 

ライティングダクト工事

  最後に、ライティングダクト工事についてです。ライティング、すなわち電灯を取り付けれるダクトの工事になります。このライティングダクトが付いていれば、好きなところに明かりを移動して灯すことが出来ます。しまじの家にもついています♫

ライティングダクト工事の施設方法

  ライティングダクト工事は、次の内容において施設することとなっています。

  • ダクト相互および電線相互は、堅ろうに、かつ、電気的に完全に接続すること。
  • 支持点間の距離は、2(m)以下とする。
  • ダクトの終端部は、閉そくする。
  • ダクトの開口部は、原則として下に向けて施設する。
  • ダクトは、造営材を貫通して施設しない。
  • 絶縁物で金属部分を被覆してあるダクトを除いて、D種接地工事を施すこと。ただし、4(m)以下の場合を除く。
  • ライティングダクトに電気を供給する電路には、漏電遮断器を施設する。
  • 簡易接触防護措置を施す場合は、漏電遮断器を省略できる。

と、いろいろな決まりごとがあります。一度自分で工事をすれば、覚えれるかもしれませんが、なかなか項目が多いっす。 

 

例題

 ライティングダクト工事で、誤っているものは?

  1. ダクトの開口部を下に向けて施設した。
  2. ダクトの終端部を閉そくして施設した。
  3. ダクトの支持点間の距離を2(m)にした。
  4. 造営材を貫通してダクトを施設した。

【解答】

 さっき学んだ、ライティングダクト工事についてですね。1~3は、規定通りで問題ありません。4についてのみ、ライティングダクト工事は、造営材を貫通してはならないので、誤りです。

【解答】4

 

今日のまとめ 

 今日は、「低圧屋内配線工事における、ダクト工事」について学びました。決まりごとがいろいろと多くて、慣れながら覚えるといった感じでしょうかっ

 次回は、金属線ぴ工事についてになります。

 それでは