しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

2017年(平成29年)下期 筆記試験 問2【第2種電気工事士 過去問 解説】

f:id:shimajirou37:20180519224115j:plain

 こんにちは、しまじです (^_-)-☆ 

 第2種電気工事士試験合格への道、過去問を解いていきましょう~。2017年下期筆記試験の問題、問2になります。

 目次

 

問題 問2

 図のような交流回路で、抵抗8Ωの両端の電圧V[V]は。

f:id:shimajirou37:20180519232046j:plain

イ.43  ロ.57  ハ.60  ニ.80

 

解き方

 抵抗と誘導性リアクタンス(コイル)が直列に接続された、交流回路です。この交流回路において、電流の流れを制限するものを、インピーダンスといいます。

 このインピーダンスZは、次の式で計算することができます。

  • Z(Ω)=\sqrt{R^{2}+X_{L}^{2}}

  R(Ω):抵抗

  X_{L}(Ω):誘導性リアクタンス

では、回路全体のインピーダンスZを計算していきます。

  Z=\sqrt{8^{2}+6^{2}}=\sqrt{64+36}=\sqrt{100}=10(Ω)

より、Z=10(Ω)となります。

 続いて、回路全体に流れる電流I(A)を求めていきます。電流I(A)は、電源電圧100(V)をインピーダンスZ(Ω)で割った値になるので、

  I=\frac{100}{Z}=\frac{100}{10}=10(A)

より、電流I=10(A)となります。

最後に、抵抗8(Ω)にかかる電圧V(V)は、

  V=I(A) \times R(Ω)=10(A) \times 8(Ω)=80(V)

よって、80(V)となります。

解答

ニ.80 

 

まとめ

 問2についての解き方でした。抵抗とコイルの直列回路を、理解しているかどうかがカギになる問題でしたねっ

 それでは