しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

2017年(平成29年)下期 筆記試験 問6【第2種電気工事士 過去問 解説】

f:id:shimajirou37:20180520130055j:plain

 こんにちは、しまじです (^_-)-☆ 

 第2種電気工事士試験合格への道、過去問を解いていきましょう~。2017年下期筆記試験の問題、問6になります。

  目次

 

問題 問6

 図のように、電線のこう長L[m]の配線により、抵抗負荷に電力を供給した結果、負荷電流が10Aであった。配線における電圧降下V_{1}-V_{2}[V]を表す式として、正しいものは。

 ただし、電線の電気抵抗は長さ1m当たりr[Ω]とする。

f:id:shimajirou37:20180520131839j:plain

 

イ.rL  ロ.2rL   ハ.10rL  ニ.20rL

 

解き方

 単相2線式の電圧降下に関する問題です。往復電線における電圧降下vは、次の式で表すことができます。

  • v=V_{1}-V_{2}=2IR(V)

  I(A):電線に流れる電流 

  R(Ω):電線1線当たりの抵抗

 問題における、電線に流れる電流I(A)と電線1線当たりの抵抗R(Ω)は、

(電線1m当たりr(Ω)の抵抗値の電線がL(m)であることを踏まえて)

  I=10(A)

  R=rL(Ω)

 となり、したがって電圧降下vは、

  v=V_{1}-V_{2}=2IR=2\times10\times rL=20rL

 と求めることができます。

 

解答

ニ.20rL

 

まとめ

 問6についての解き方でした。単相2線式の電圧降下を、理解しているかどうかがカギになる問題でしたねっ

 それでは

他の問題はこちら、