しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

第2種電気工事士 2017年(平成29年)下期 筆記試験 問7 【過去問 解説】

f:id:shimajirou37:20180520133457j:plain

 こんにちは、しまじです (^_-)-☆ 

 第2種電気工事士試験合格への道、過去問を解いていきましょう~。2017年下期筆記試験の問題、問7になります。

  目次

 

問題 問7

 金属管による低圧屋内配線工事で、管内に直径1.6mmの600Vビニル絶縁電線(軟銅線)6本を収めて施設した場合、電線1本当たりの許容電流[A]は。

 ただし、周囲温度は30℃以下、電流減少係数は0.56とする。

イ.15  ロ.19   ハ.20  ニ.27 

 

解き方

 電線の許容電流に関する問題です。

 まずは、600Vビニル絶縁電線(IV)の許容電流と、電線を金属管に収める場合の許容電流について、復習していきます。

600Vビニル絶縁電線の許容電流

 周囲温度30℃における、600Vビニル絶縁電線の単線とより線の許容電流は、こちら、

単線 (mm) 許容電流 (A) より線 (mm^{2}) 許容電流 (A)
1.6 27 2 27
2.0 35 3.5 37
2.6 48 5.5 49

 ※周囲温度30℃

 ※単線は直径、より線は断面積

金属管などに収める場合の許容電流 

 続いて、電線を金属管に収める場合の許容電流。熱が逃げにくくなるため、許容電流値は、電流減少係数を乗じた値まで、下がります。

  • 許容電流=碍子(がいし)引き配線の許容電流×電流減少係数

  小数点以下1位を7捨8入する

同一管内の電線数 電流減少係数
3以下 0.70
4 0.63
5又は6 0.56

 電流減少係数は、同一管内に入る電線数により減少していきます。電線の本数が増えるほど、許容電流値は下がっていきます。

 

解き方の続き

 

 600Vビニル絶縁電線(軟銅線)の直径が1.6mmであり、この電線のみでの教養電流は、

  許容電流=27(A)

です。

 そして、金属管に、この電線を6本一緒に通すので、電流減少係数が0.56となり、金属管内を通る電線1本当たりの許容電流は、

  許容電流=27\times0.56=15.12(A)

 小数点以下1位を7捨8入するため、許容電流は15(A)と求めることができます。 

 

解答

イ.15

 

まとめ

 問7についての解き方でした。電線の許容電流を、理解しているかどうかがカギになる問題でしたねっ

  

 それでは

他の問題はこちら、

2017年下期 筆記試験 問1 【過去問 解説】

2017年下期 筆記試験 問2 【過去問 解説】

2017年下期 筆記試験 問3 【過去問 解説】

2017年下期 筆記試験 問4 【過去問 解説】

2017年下期 筆記試験 問5 【過去問 解説】

2017年下期 筆記試験 問6 【過去問 解説】