しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

第2種電気工事士 2017年(平成29年)下期 筆記試験 問8【過去問 解説】

f:id:shimajirou37:20180520140315j:plain

 こんにちは、しまじです (^_-)-☆ 

 第2種電気工事士試験合格への道、過去問を解いていきましょう~。2017年下期筆記試験の問題、問8になります。

 目次

 

問題 問8

 図のように、三相の電動機と電熱器が低圧屋内幹線に接続されている場合、幹線の太さを決める根拠となる電流の最小値[A]は。

 ただし、需要率は100%とする。

f:id:shimajirou37:20180520142032j:plain

イ.45  ロ.50   ハ.55  ニ.60 

 

解き方

 幹線の許容電流に関する問題です。

 1つの幹線に、複数の電動機と電熱器が接続された回路における、幹線の許容電流を求める式は、

  I_{M}\leqq I_{H}の場合

  • I_{W}\geqq I_{M}+I_{H} (A)

  I_{M} > I_{H}の場合

  • I_{M}\leqq 50 (A)の時 I_{W}\geqq 1.25I_{M}+I_{H} (A)
  • I_{M} > 50 (A)の時 I_{W}\geqq 1.1I_{M}+I_{H} (A)

  電動機の定格電流の合計:I_{M}=I_{M1}+I_{M2}

  その他の電気機器の定格電流の合計:I_{H}=I_{H1}+I_{H2}

 です。問題では、定格電流10(A)の電動機が1つと、定格電流15(A)と20(A)の電熱器が2つ、接続された回路となっています。

 まずは、電動機と電熱器の定格電流の合計から求めます。

  I_{M}=10(A)

  I_{H}=15+20=35(A)

となります。この時、電動機の定格電流の合計I_{M}と電熱器の定格電流の合計I_{H}の関係は、

  I_{M}\leqq I_{H}

 であり、幹線の許容電流I_{W}は、次の計算により求めることができます。

  I_{W}\geqq I_{M}+I_{H}=10+35=45(A)

 より、幹線の許容電流は45(A)以上の電線を使用することとなり、最小の電流値は、45(A)となります。

 

解答

イ.45

 

まとめ

 問8についての解き方でした。幹線の許容電流の求め方を、理解しているかどうかがカギになる問題でしたねっ

 それでは