しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】を徹底分析【2018年版】航空宇宙産業や多くの工業製品を製造している大企業

f:id:shimajirou37:20181008202642j:plain

 航空機エンジンから空調機器、そしてエレベータなど、様々な工業製品を製造している企業、ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】について、徹底分析していきます。こんにちは、アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 目次

ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】とは

 ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】とは、アメリカのコネチカット州ハートフォードに本社を置く、コングロマリット(複合企業)です。多種多様な分野で、工業製品の研究開発と製造を行っており、冒頭でも述べましたが、航空機エンジン、宇宙産業、ヘリコプター、空調機器、燃料電池、エレベータ、エスカレータ、防火・消火設備などが含まれます。

 誕生したのは、1929年。およそ90年前です。ボーイング、プラット・アンド・ホイットニー・エアークラフトなど数社が統合して設立されました。当時の社名は、ユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポート。航空機関係に強そうな名称です。その後、分裂などをしながら、1975年、現在の名前の、ユナイテッド・テクノロジーズとなり、今に至ります。

 

ユナイテッド・テクノロジーズ【UXT】の企業情報

事業内容 : ビル・航空宇宙産業向けハイテク機器

       エレベータ、空調機器、セキュリティーシステム、など

セクター : 工業

社名   : United Technologies Corp

市場   : NYSE「ニューヨーク証券取引所」

従業員  : 205,000人

決算   : 12月

配当月  : 3,6,9,12月

 

30年間の株価推移

 ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】の株価の推移です。30年間の株価チャートがこちら。

f:id:shimajirou37:20181008205646j:plain

 いくつかの下落もありながら、ここ30年間、株価は上昇を続けています。中でも大きく下げたのは、リーマンショックと、チャイナショックの時で、両方とも30ドル程下げていますが、すぐに上昇トレンドに入って回復しています。

 今年に入ってからのVIXショックでも、1度下げていますが、その後は順調に上昇しており、力強さを感じます。

 

売上高と利益の推移

 続いて、売上高と利益について、過去10年間の推移です。

f:id:shimajirou37:20181008212607j:plain

 売上高は、500億ドルから600億ドルの間で安定して推移しています。営業利益と純利益については、リーマンショック後少しずつ増加してきましたが、純利益については、2016年と2017年に、下げています。

 営業利益率については、約15%程をキープしており、しっかりと本業で稼げている状況です。

f:id:shimajirou37:20181008202706j:plain

 

資本の推移

 続いて、資本についてみていきます。過去10年間の推移がこちら。

f:id:shimajirou37:20181008213038j:plain

 2011年に航空機部品大手のグットリッチを合併したことにより、2012年からの総資産は300億ドル増え、900億ドルとなりました。自己資本も増え、300億ドル近くになっています。

 自己資本比率は、30%~35%の間で、一定にて推移しているいます。

 

EPSとPERの推移

 次は、1株あたり利益「EPS」と株価収益率「PER」の過去10年間の推移になります。

f:id:shimajirou37:20181008213803j:plain

 この10年間、保有株数を1.5億株数程、減少(9.56億株数→7.99億株数)させていますが、1株あたり利益「EPS」は、純利益の動きに比例した形となり、2015年までの右肩上がりから、2016年と2017年には減少しています。

 株価収益率「PER」は、上がり下がりが大きく、ざっくりと株価の動きに似ていますが、低い時には約10倍、現在は23倍近くまで上がってきています。

f:id:shimajirou37:20181008202721j:plain

 

BPSとBPRの推移

 続いて、1株あたり純資産「BPS」と株価純資産倍率「BPR」についてです。過去10年間のデータがこちら。

f:id:shimajirou37:20181008214240j:plain

 保有株式数を減らしながら、1株あたり純資産「BPS」は順調に右肩上がりで上昇を続けています。また、株価純資産倍率「BPR」は、3倍~3.5倍ほどの間で、安定推移しています。

 

ROEとROAの推移

 株主資本利益率「ROE」と総資本利益率「ROA」の過去10年間の推移です。

f:id:shimajirou37:20181008214401j:plain

 株主資本利益率「ROE」および、総資本利益率「ROA」については、ある程度の幅で、増えたり減ったりを繰り返している様子です。最後の2017年には、「ROE」が15.4%、「ROA」が4.7%と、悪くない数値となっています。

f:id:shimajirou37:20181008202815j:plain

 

配当金の推移

 気になる配当金と配当利回り、過去10年間の推移がこちら。

f:id:shimajirou37:20181008214604j:plain

 2005年から、13年間の間、連続増配を続けています。リーマンショック時にも増配をやめていません。増配率もなかなか大きいです。そのような中、株価も上昇を続けており、丁度上昇具合が同じくらいなのでしょうか、配当利回りは2.0%~2.5%の間で、一定にて推移しています。

 もし、2008年に株を購入していたとしたら、現在の配当利回りは、約5.19%になっていました。

 続いて、配当性向を見てみましょう

f:id:shimajirou37:20181008215019j:plain

 配当性向については、2015年までは30%~40%で推移していましたが、2016年、2017年と純利益の低下により、48%近くまで上がってきています。とは言うものの、まだまだ余裕はありそうです。

 

キャッシュフローの推移

 最後に、キャッシュフローの推移になります。過去10年間のデータがこちら。

f:id:shimajirou37:20181008215233j:plain

 キャッシュフローについては、2011年までの方が、2012年~2017年の間より、投資キャッシュフローが小さくフリーキャッシュフローは毎年、40億ドル超えと非常に、キャッシュの流れにゆとりがありましたが、2012年以降は投資キャッシュフローが2.5倍程に増加し、フリーキャッシュフローも安定していない状況です。

f:id:shimajirou37:20181008202826j:plain

 

まとめ

 さまざまな指数により、ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】を分析しました。売上と増配については、順調に推移していますが、2012年以降、総資産の増加と、投資キャッシュフローの増加も含め、純利益やフリーキャッシュフローの値の動きが見られました。全体的には、安定した、大企業といった感じを受けます。

 これからも最先端の技術で、世界の工業を引率して、多くの仕事を世界中に生み出して欲しいです。

 それではっ

 ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】は、工業株30種平均株価の採用銘柄です。

www.shimaji-amekabu.com