しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

MENU

【決算まとめ アマゾン【AMZN】】2018年 通期 アマゾン市場の拡大まだまだ続いてます!!

f:id:shimajirou37:20190211204430j:plain

 アマゾン【AMZN】の2018年 通期決算まとめ。こんにちは、アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 目次

アマゾン【AMZN】の決算

アマゾン【AMZN】は、12月が期末決算です。なので、

  • 3月末 第1四半期決算
  • 6月末 第2四半期決算
  • 9月末 第3四半期決算
  • 12月末 第4四半期決算、通期決算

 になります。この記事では、2018年12月31日における、通期決算についての内容をまとめています。 

株価推移

10年

アマゾン【AMZN】過去10年間の株価チャート

f:id:shimajirou37:20190211210437j:plain

 なんと10年前のアマゾン【AMZN】の株価は、$63だったんですね。。。この10年間で、なんと株価は25倍にまで上昇しています!!

 もし購入していたら、めちゃ資産が増えていました。とっても夢がある~⤴

1年

続いて、1年間の株価チャートがこちら

f:id:shimajirou37:20190211210640j:plain

 2018年は、10年間上昇を続けてきた株価が一気に下落した年となりました。最高値の$2,040をつけた後、わずか4ヶ月で-$700の下落をしています。とても値動きの大きな1年でした。

f:id:shimajirou37:20190211204631j:plain

財務諸表(前年比)

  通期決算(2018年12月31日)と、1年前(2017年12月31日)の財務諸表がこちら

項目 2018年12月31日 増減 2017年12月31日
売上高 $2,328.87億 ⤴ $550.21億 $1,778.66億
営業利益 $124.21億 ⤴ $83.15億 $41.06億
純利益 $100.73億 ⤴ $70.4億 $30.33億
営業利益率 5.33% ⤴ 3.02% 2.31%
総資産 $1,656.48億 ⤴ $343.38億 $1,313.10億
自己資本 $435.49億 ⤴ $158.4億 $277.09億
自己資本比率 26.77% ⤴ 5.67% 21.10%
EPS
1株当たり利益
$20.68 ⤴ $14.36 $6.32
BPS
1株あたり純資産
$88.69 ⤴ $31.44 $57.25
配当金 - - -
発行済株式数 4.87億株 ⤵ 0.07億株 4.80億株

 2018年すべての項目においてプラスと、非常に良い業績でした。売上高については、前年比31%の増益、利益、資本も増加させています。

 また、営業利益率が非常に低い業態ですが、昨年に比べ約3%も改善されており、5.3%まで上がってきています。さらに、営業利益が前年比203%のプラスと、めっちゃ躍進しています。

 自社株買いも進めながら、1株当たり利益「EPS」、そして1株当たり純資産「BPS」も大きく上昇させています。

アマゾン【AMZN】の目指してるもの

4つの原則

 アマゾン【AMZN】は、何よりもお客様を大切する方針を打ち出していますが、これは次の4つの原則によります。

  1. 競合他社よりも、お客様の事を考えて行動します
  2. 情熱をもって、発明をします
  3. 熟練の業務をこなします
  4. 長期的に考えて行動します

 ※訳:しまじ

 オンラインと実店舗を通して、お客様にサービスを提供し、数十億ものさまざまな商品を、何十もの商品カテゴリにわたって、第3者が販売できる体制を用意しています。

 また、独自の電子機器の製造販売も行っています。

  • Kindle電子書籍リーダー
  • Fireタブレット
  • Fire TV
  • Echo デバイス

3つの事業

 そして、3つのセグメントに事業を編成しています。

  1. 北米
  2. 国際
  3. アマゾンウェブサービス(AWS)

北米

 北米を中心としたオンラインおよび実店舗のからの収益。これらのオンラインストアからの輸出額も含みます。

国際

 国際的なオンラインストアから得られる、消費者向け小売販売の収益。これらのオンラインストアからの輸出売上も含みますが、北米のオンラインストアからの輸出売上は、含まれません。

アマゾンウェブサービス(AWS)

 アマゾンウェブサービス(AWS)は、

  • Amazon Promeの会費
  • 広告サービス
  • 特定のデジタルコンテンツの購読

 からなります。

 また、新興企業、企業、政府機関、学術機関向けのコンピューティング、ストレージ、データベース、その他のサービスについて、全世界の販売収益も含まれます。

f:id:shimajirou37:20190211204652j:plain

事業別収益

 3つの事業別について、それぞれの収益を見てみましょう。

 2018年12月31日と2017年12月31日の、事業別収益がこちら

地域別 2018年12月31日 増減 2017年12月31日
北米 $1,413.66億 ⤴ $352.55億 $1,061.11億
国際 $658.66億 ⤴ $115.69億 $542.97億
AWS $256.55億 ⤴ $81.96億 $174.59億
連結 $2,328.87億 ⤴ $550.21億 $1,778.66億

 すべてのセグメントにおいて、売上が上昇。純利益は、国際が$-21.42億でしたが、トータルでは昨年よりも大きくプラスとしています。

f:id:shimajirou37:20190217134824j:plain

 事業別収入の割合を見てみると、その6割を北米が占めています。世界的に認知度の高いアマゾン【AMZN】ですが、半分以上の収入がアメリカであり、世界を見ると、まだまだ、成長の余地を感じます。

地域別収益

 続いて、地域別の収益を見てみましょう。

 2018年12月31日と2017年12月31日の、地域別収益がこちら

地域別 2018年12月31日 増減 2017年12月31日
アメリカ $1,601.46億 ⤴ $396.60億 $1,204.86億
ドイツ $198.81億 ⤴ $29.3億 $169.51億
イギリス $145.24億 ⤴ $31.52億 $113.72億
日本 $138.29億 ⤴ $19.22億 $119.07億
その他の地域 $245.07億 ⤴ $73.57億 $171.50億
連結 $2,328.87億 ⤴ $550.21億 $1,778.66億

 すべての地域において、収益をアップさせています。特に大きいのが、アメリカで、約$400億ものプラスです。

f:id:shimajirou37:20190217161201j:plain

 売上高第2位はドイツで、さらにイギリス、日本が続いており、先進国が目立ちます。ただ、第1位のアメリカと第2位のドイツの売上げ差が約8倍と、非常に大きく、やはり、アメリカでの売上げが半分以上を占めており、とてもその存在の大きさを感じます。

 今後人口の多い国である、中国やインドなどで、市場を拡大していけるかどうかが、売上の上昇を続ける鍵になってくるのではないでしょうか。

f:id:shimajirou37:20190211204715j:plain

まとめ

 アマゾン【AMZN】の2018年 通期決算まとめでした。今年は、企業の成長とともに、大きく株価を上昇させ続けてきたアマゾン【AMZN】が、大きな下落を経験した年となりました。

 株価の動きとは関係なく、業績は非常に順調で、大きく売上と利益を上げています。日本も地域別で第4位に入り、その売上高は、$138.29億。日本円にして、1兆5,212億円(為替110円/1ドルで計算)と、凄まじい金額となっています。日本で、アマゾン【AMZN】を知らない人はほとんどいませんもの。

 2019年に入り、株価は、また上昇へ転じている様子です。これからのジェフ・ベゾスCEOの手腕に、期待ですね。

 それでは☆彡

アマゾン【AMZN】は、FAANG銘柄の1つです。