しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

MENU

【決算まとめ アップル【AAPL】】2019年 第1四半期 中華圏でのiPhoneの販売振るわず

f:id:shimajirou37:20190211154052j:plain

 アップル【AAPL】の2019年 第1四半期決算のまとめ。こんにちは、アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 目次

アップル【AAPL】の決算

 アップル【AAPL】は、9月が通期決算です。なので、

  • 12月末 第1四半期決算
  • 3月末 第2四半期決算
  • 6月末 第3四半期決算
  • 9月末 第4四半期決算、通期決算

 になります。この記事では、2018年12月29日における、第1四半期決算についての内容をまとめています。 

株価推移

10年

アップル【AAPL】過去10年間の株価チャート

f:id:shimajirou37:20190210142650j:plain

 ここ10年で見ると、株価はなんと11.6倍にもなっています。

1年

続いて、1年間の株価チャートはこちら

f:id:shimajirou37:20190210142751j:plain

 2018年は、ここ10年間の間で、もっとも厳しい年でした。一時期、$230を超える株価により、時価総額が1兆円超えとニュースでも話題になりましたが、その後、中国との貿易摩擦などの影響により、iPhoneの業績が伸びず、大きく値を下げました。

 2019年に入り、少しずつ持ち直している様な状況ですが、11、12月の下落時は、どうなることかと思いましたよね。

f:id:shimajirou37:20190210143200j:plain

財務諸表(前年比)

  第1四半期決算(2018年12月29日)と、1年前(2017年12月30日)の財務諸表がこちら

項目 2018年12月29日 増減 2017年12月30日
売上高 $843.10億 ⤵ $39.83億 $882.93億
営業利益 $233.46億 ⤵ $29.28億 $262.74億
純利益 $199.65億 ⤵ $1.00億 $200.65億
営業利益率 27.70% ⤵ 2.06% 29.76%
総資産 $3,737.19億 ⤴ $79.94億 $3,657.25億
自己資本 $1178.92億 ⤴ $107.51億 $1,071.47億
自己資本比率 31.55% ⤴ 2.25% 29.30%
EPS
1株当たり利益
$4.22 ⤴ $0.3 $3.92
BPS
1株あたり純資産
$24.93 ⤴ $4.16 $20.77
配当金 $0.73 ⤴ 15.9% $0.63
発行済株式数 47.36億株 ⤵ 4.22億株 51.58億株

 1年前の第1四半期決算と比較し、売上高と営業利益が大きくダウンしています。ただ純利益は、 ー1億ドルに留めており、しっかりと利益の確保をしているのが分かります。

 また、資本の増加とともに、自社株買いにより発行済株式数が減少しており、1株当たり利益「EPS」と1株当たり純資産「BPS」が前年比プラスでの推移となっています。

製品別売上高

 続いて、製品別の売上高を見ていきましょう。アップル【AAPL】の売上高は、大きく分けて5つの分野から成り立っています。

  1. iPhone
  2. Mac
  3. iPad
  4. ウェアラブル、生活雑貨
  5. サービス

ウェアラブル、生活雑貨

 ウェアラブル、生活雑貨には、次の製品が含まれます。

  • AirPod
  • Apple TV
  • Apple Watch
  • Beats製品
  • HomePod
  • iPodtouch
  • Appleブランドアクセサリーなど

サービス

 サービスには、次の製品が含まれます。

  • デジタルコンテンツ
  • AppleCare
  • Apple Pay
  • ライセンスなど

 そして、それぞれの売上高は

製品 2018年12月29日 増減 2017年12月30日
iPhone $519.82億 ⤵ $91.22億 $611.04億
Mac $74.16億 ⤵ $5.92億 $68.24億
iPad $67.92億 ⤴ $10.37億 $57.55億
ウェアラブル
生活雑貨
$73.08億 ⤴ $18.27億 $54.81億
サービス $108.75億 ⤴ $17.46億 $91.29億
総売上高 $843.10億 ⤵ $39.83億 $882.93億

 売上高の約61%を占めている、iPhoneの落ち込みが大きく、約91億ドルのマイナスとなっています。対し、iPad、ウェアラブル・生活雑貨、サービスは、売上高をUPさせており、こちらの方は順調に収益を上げています。

f:id:shimajirou37:20190210204041j:plain

 新製品やクラウド関連については、伸びています。これに、iPhoneの販売がプラスされてくると、大きく売上高は回復しそうですが。。。 

f:id:shimajirou37:20190210143226j:plain

地域別売上高

 世界各国で販売されているApple製品ですが、地域別の売上高がこちら

地域別 2018年12月29日 増減 2017年12月30日
南北アメリカ $369.40億 ⤴ $17.47億 $351.93億
ヨーロッパ $203.63億 ⤵ $6.91億 $210.54億
中華圏 $131.69億 ⤵ $47.87億 $179.56億
日本 $69.10億 ⤵ $3.27億 $72.37億
アジア太平洋地域
その他の地域
$69.28億 ⤴ $0.75億 $68.53億
総売上高 $843.10億 ⤵ $39.83億 $882.93億

 アメリカとアジア太平洋地域においては、前年比プラスの売上げですが、米中貿易摩擦の影響で、中華圏の売上げが大きく落ち込んでいます。

 ヨーロッパと日本も多少は下げていますが、中華圏への輸出が順調に進まなければ、売上高の改善には、時間がかかるかもしれません。

f:id:shimajirou37:20190210210450j:plain

 1番のシェアを持つアメリカでの人気は、まだまだ続きそうです。

ハイライト

 アップル【AAPL】の第1四半期には、$82億の自社株式買い戻しと、$36億の配当金を支払っています。

 また、新製品を次々と投入しています。

  • 2018年10月・・・iPhone X 発売
  • 2018年11月・・・iPad pro 発売、Apple Pencil発売
  • 2018年11月・・・MacBook Air 発売、Mac mini発売

f:id:shimajirou37:20190210143244j:plain

まとめ

 アップル【AAPL】の2019年、第1四半期の決算まとめでした。新型iPhoneがベールを脱ぐ中、米中貿易摩擦の影響もあり、前年に比べて売上高が落ちた結果となりました。

 そうした中、アメリカ地域における人気の継続と、iPhone以外の製品の順調な売上げ増加も見られ、まだまだ根強い人気を誇るトップブランドだといえるでしょう。

 iPad と Apple Pencil 欲しいな~
 それでは☆彡

アップル【AAPL】は、ダウ工業株30種平均の採用銘柄