しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

MENU

【企業分析まとめ 2019】ダウ工業株30種平均 アメリカの優良企業30社

f:id:shimajirou37:20190204215544j:plain

 アメリカの優良企業30社からなる、「ダウ工業株30種平均」。各企業の分析を見れるページを作りました。アメリカで資産運用をしている☆しまじです☆

 目次

ダウ工業株30種平均の企業ランキング

 2019年2月時点の、ダウ工業株平均の採用銘柄30種を、時価総額順に並べています。

銘柄名 ティッカー 株価 時価総額 配当利回り
マイクロソフト MSFT $105.74 $8112.6億 1.74%
アップル AAPL $171.25 $8074.9億 1.71%
ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ $132.88 $3563.8億 2.71%
JPモルガン・チェース JPM $104.25 $3466.7億 3.07%
エクソン・モービル XOM $74.82 $3167.7億 4.38%
ビザ V $141.50 $2840.4億 0.71%
ウォルマート・ストアーズ WMT $94.77 $2753.3億 2.20%
ユナイテッドヘルス・グループ UNH $268.21 $2580.3億 1.34%
ファイザー PFE $42.44 $2453.2億 3.39%
プロクター・アンド・ギャンブル PG $98.03 $2452.3億 2.93%
シェブロン CVX $119.74 $2287.9億 3.98%
ボーイング BA $397.00 $2254.5億 2.07%
ライゾン・コミュニケーションズ VZ $54.04 $2232.9億 4.46%
シスコシステムズ CSCO $47.35 $2128.8億 2.79%
インテル INTC $49.22 $2213.4億 2.56%
ホーム・デポ HD $186.43 $2105.8億 2.21%
コカ・コーラ KO $49.25 $2096.3億 3.17%
メルク MRK $76.87 $1998.9億 2.86%
ウォルト・ディズニー・カンパニー DIS $111.80 $1666.6億 1.57%
マクドナルド MCD $177.55 $1368.8億 2.61%
ナイキ NKE $81.99 $1290.4億 1.07%
アイ・ビー・エム IBM $135.19 $1228.6億 4.65%
ダウ・デュポン DWDP $53.13 $1218.9億 2.86%
スリーエム MMM $200.21 $1165.8億  2.72%
ユナイテッド・テクノロジー UTX $119.14 $1028.6億 2.47%
アメリカン・エクスプレス AXP $103.42 $875.9億 1.51%
キャタピラー CAT $130.88 $772.3億 2.63%
ゴールドマン・サックス GS $197.72 $764.3億 1.62%
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス WBA $71.46 $674.2億 2.46%
トラベラーズ TRV $126.04 $332.2億 2.44%
  • 時価総額・・・株価 × 発行株式数 上場株式がどの程度の規模なのかを知ることが出来ます。

 時価総額でいくと、マイクロソフト【MSFT】とアップル【AAPL】が8,000億ドル超えと、飛び抜けています。大企業が名を連ねている、ダウ工業株30種ですね。

株価TOP5

 1位 : ボーイング【BA】 $397.00
 2位 : ユナイテッドヘルス・グループ【UNH】 $268.21
 3位 : スリーエム【MMM】 $200.21
 4位 : ゴールドマン・サックス【GS】 $197.72
 5位 : ホーム・デポ【HD】 $186.43

 ボーイング【BA】が、ダントツの株価となっています。ちなみに、最も安く株を購入できるのは、ファイザー【PFE】の$42.44です。

配当利回りTOP5

 1位 : アイ・ビー・エム【IBM】 4.65%
 2位 : ベライゾン・コミュニケーションズ【VZ】 4.46%
 3位 : エクソン・モービル【XOM】 4.38%
 4位 : シェブロン【CVX】 3.98%
 5位 : ファイザー【PFE】 3.39%

 高配当銘柄が結構あります。上の5銘柄以外にも、配当利回り3%を超えている企業として、コカ・コーラ【KO】3.17%や、JPモルガン・チェース【JPM】3.07%などもあり、ディフェンシブ銘柄としての保有を検討するのも、良いですね。

f:id:shimajirou37:20190204231100j:plain

株価推移

30年

 過去30年間の、株価の推移になります。

f:id:shimajirou37:20190210082452j:plain

 30年間で、11.2倍になっています。もし、100万円投資していれば、30年間で1,120万になっていると考えると、かなりの破壊力を持った資産運用になります。

 ただ、1999~2007年までの8年間は、株価がほぼ上昇していなかったり、リーマンショック時の6,000ドル超えの下落など、苦しい時期もありました。そういった中での大きな上昇を取り込める長期投資が、資産を大きく増やす為には必要となりそうです。

10年

 続いて、過去10年間の株価の推移がこちら

f:id:shimajirou37:20190210083015j:plain

 3倍の上昇と、きれいに右肩上がりに株価が上がり続けた10年間でした。2009年に投資を開始できた方は、資産を大きく増やせた時期となりました。

 ちなみに、2018年に資産運用を開始した、しまじとしては苦しい時期が続いています。次の株価上昇時期まで、継続して資金を増やし、大きく資産を増えるのを気長に待ちます。 

採用年数TOP5

 最後に、採用年数が長い企業TOP5を見てみましょう。長ければ長いほど、信頼感は抜群です。

 1位 : エクソン・モービル【XOM】 91年間
 2位 : プロクター・アンド・ギャンブル【PG】 87年間
 3位 : ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】 80年間
 4位 : スリーエム【MMM】 43年間
 5位 : メルク【MRK】 40年間
 5位 : アイ・ビー・エム【IBM】 40年間

 80年以上、採用され続けている企業が3社。3位と4位で40年の差が開いています。110年以上に渡り採用され続けていた、ゼネラル・エレクトリック【GE】が2018年6月に、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス【WBA】に入れ替わったこともあり、長きに渡り、優良企業として業績を上げ続ける事の難しさが反映されています。 

f:id:shimajirou37:20190204231117j:plain

まとめ

 ダウ工業株30種平均について、各企業の株価推移と企業分析へ飛べる、まとめページでした。初めに書いた、アップル【AAPL】と、最近書いたシェブロン【CVX】の見やすさの違いも、なかなか面白いくもあります。

 それでは☆彡