しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

SPDR S&P500 ETF「SPY」で、アメリカの主要企業に分散投資をするとは

f:id:shimajirou37:20180619205444j:plain

 こんにちは、アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 誰でも少ない資産で簡単に分散投資が出来る「ETF」。今回は、ステート・ストリートが運用する、SPDR(スパイダー) S&P500 ETF「SPY」についての記事になります。

 目次

 

SPDR(スパイダー) S&P500 ETF「SPY」とは

  「ETF」の中で、最も長い歴史を誇っているのが、ステート・ストリートが運用している、SPDR S&P500 ETF「SPY」です。1993年に上場し、約25年もの間、投資成果を上げ続けています。(下がった時もありますが・・・。)

 投資対象は、アメリカ市場に上場している、25の産業グループにわたる代表的な企業500社ほどで、S&P500指数を基に、構成されています。

 いわゆるパッシブ運用されている「ETF」になります。

  • S&P500 : アメリカの投資情報会社「スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P)」が算出している、代表的な株価の指数。上場している代表的な500の銘柄を基に算出されます。
  • パッシブ運用  : ベンチマーク(ダウ平均株価や日経平均株価)に連動するように運用されること。ちなみに、ベンチマークを上回る運用を目指すことを「アクティブ運用」といいます。

 

概要

 SPDR S&P500 ETF「SPY」の概要です。

項目 指数 備考
 ティッカー

SPY 

1557 

 US

 JP

 上場取引所

NYSE Arca 

 東京証券取引所 

 
 ベンチマーク S&P500指数   
 経費率 0.0945%   
 配当スケジュール 4半期毎   3月・6月・9月・12月
 ファンド純資産総額 2,674.7億米ドル   
 設定日 1993年1月22日   設立から25年が経過

 NYSE Arcaと東京証券取引所の両方に上場しています。S&P500指数の「ETF」の中では、経費率は、少し高めですが、先ほども述べたように、設立からの歴史は、断トツです。

  • NYSE Arca : 1997年に認可を受けた、アメリカ初の電子証券取引所です。NYSE(ニューヨーク証券取引所)とは、上場基準が異なります。
  • 東京証券取引所 : 1949年に設立された日本最大の証券取引所で、略して東証と呼ばれます。

 

データ

SPDR S&P500 ETF「SPY」の各種データです。

項目 指数 備考
 構成株式銘柄数 504   
 株価収益率 17.58倍   PER
 株価純資産倍率 3.23倍   PBR
 利益成長率 13.51%   予想3-5年 EPS

 構成株式銘柄数は、S&P500対象の505銘柄に対し、ほぼ同じ504銘柄となっています。また、株価収益率「PER」は17.58%と、アメリカ企業の中では、決して高いわけでもなく、予想利益成長率「EPS」においては、13.51%とかなり魅力的な数値となっています。

f:id:shimajirou37:20180620214247j:plain

 

保有上位10銘柄

SPDR S&P500 ETF「SPY」の保有上位10銘柄と、純資産総額に占める割合です。

銘柄 ティッカー 割合
 アップル AAPL 3.94% 
 マイクロソフト MSFT 3.29% 
 アマゾン・ドット・コム AMZN 2.95% 
 フェイスブック クラスA FB 2.02% 
 バークシャー・ハサウェイ BRK.B 1.56% 
 JPモルガン・チュース・アンド・カンパニー  JPM 1.56% 
 アルファベット クラスC GOOG 1.51% 
 アルファベット クラスA GOOGL 1.50% 
 エクソン・モービル XOM 1.45% 
 ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ 1.38% 

 1位にアップル「AAPL」、そして2位にはマイクロソフト「MSFT」が続きます。アルファベットは、クラスCとクラスAが約1.5%づつ組み入れられており、合わせると約3%となり、第3位の保有率となります。

 上位10銘柄で、純資産総額の21.16%を占めています。

 

セクター別

 続いて、セクター別の構成比率がこちら。

セクター 割合
 情報技術 26.34% 
 ヘルスケア 14.09% 
 金融 14.04% 
 一般消費財・サービス 13.01% 
 資本財・サービス 9.58% 
 生活必需品 6.80% 
 エネルギー 6.13% 
 公益事業 2.80% 
 不動産 2.70% 
 素材 2.58% 
 電気通信サービス 1.94% 

 「情報技術」が、群を抜いてセクター比率の第1位になっています。続き、2位に「ヘルスケア」、そして3位が「金融」です。一番割合の少ないセクターは、「電気通信サービス」となっています。

 

株価の推移

設立以来のSPDR S&P500 ETF「SPY」のチャートです。

f:id:shimajirou37:20180620221816j:plain

 25年もの長い期間では、大きくうねりながらも株価が上昇しているのが見て取れます。設立後順調に、上昇していましたが、2003年の下落、そしてリーマンショックの2009年には、大きく株価を落としています。

 ただ、その後は、大きく成長を続け、現在は275.50ドルと、設立時に比べ231.36ドルの成長となっています。

f:id:shimajirou37:20180620222249j:plain

 続いて、東証の「1557」のチャートも見てみましょう。7年間の実績になりますが、上がり続けて、20,000円もの上昇となっています。絶好調でしたね。

f:id:shimajirou37:20180620222455j:plain

 

運用実績

 最後に、SPDR S&P500 ETF「SPY」の運用実績になります。

期間 リターン
 四半期 2.78% 
 1年間 14.22% 
 3年間 10.83% 
 5年間 12.83% 
 設定来 9.48% 

 2018年5月末時点での、リターンの状況になります。今年に入り、ここ数年の上昇がひと段落していますが、5年間の間では、10%以上のリターンを続け、設定来でも、なんと9.48%と、とても高いリターンとなっています。

 この様な結果をみると、やはり、少しでも早く購入するべきだったと思います。

 

まとめ

 ステート・ストリートが運用している、SPDR S&P500 ETF「SPY」と「1557」について、書いてきました。

 過去のリターンをみると、非常に魅力を感じる「ETF」であり、歴史も古く信頼性も十分にあると思います。バンガードの「VOO」と比べると、経費率が少し高めなんですね。

 ただ、「ETF」の草分け的存在。やはり、抜群の人気を誇っていますっ

 それでは

 バンガードのバンガード・S&P500ETF「VOO」まとめは、こちらになります。

www.shimaji-amekabu.com

 ブラックロックの iシェアーズ・コア S&P500 ETF「IVVまとめは、こちらになります。

www.shimaji-amekabu.com

 「VOO」「SPY」「IVV」の比較もどうぞ。

www.shimaji-amekabu.com