しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

バンガード・S&P500 ETF「VOO」で、アメリカの主要企業に分散投資をするとは

f:id:shimajirou37:20180618214252j:plain

 こんにちは、アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 今日は、誰でも少ない資産で簡単に分散投資が出来る「ETF」。その中で、バンガードが運用している、バンガード・S&P500ETF「VOO」についての記事になります。

 目次

 

バンガード・S&P500ETF「VOO」とは

 バンガード・S&P500ETF「VOO」とは、バンガードが運用している、アメリカ株に投資をしている方であれば、誰もが知っている代表的な「ETF」です。

 投資対象は、アメリカ市場に上場している、特に規模の大きく代表的な企業500社ほど。また、S&P500指数に連動したパフォーマンスを目指しています。

 いわゆるパッシブ運用されている「ETF」になります。

  • S&P500 : アメリカの投資情報会社「スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P)」が算出している、代表的な株価の指数。上場している代表的な500の銘柄を基に算出されます。
  • パッシブ運用  : ベンチマーク(ダウ平均株価や日経平均株価)に連動するように運用されること。ちなみに、ベンチマークを上回る運用を目指すことを「アクティブ運用」といいます。

 

概要

 バンガード・S&P500ETF「VOO」の概要です。

項目 指数 備考
 ティッカー VOO   
 上場取引所 NYSE Arca   
 ベンチマーク S&P500指数   
 経費率 0.04%   
 配当スケジュール 4半期毎   3月・6月・9月・12月
 ETF純資産総額 836.4億米ドル   
 ファンド純資産総額 3,914.35億米ドル   
 設定日 2010年9月7日   設立から8年が経過

 上場は、NYSE Arcaになります。また、経費率は、0.04%とかなりの低経費率。 設定日からは、まだ8年ほどと新しい「ETF」です。

 ちなみに配当金について、実際に配当金が振り込まれるのは、配当が確定した次の月になります。なので、「VOO」の株をもっている場合、配当金が入るのは、4月・7月・10月・1月になります。確定日に、株をもっていないといけませんが・・・。

  • NYSE Arca : 1997年に認可を受けた、アメリカ初の電子証券取引所です。NYSE(ニューヨーク証券取引所)とは、上場基準が異なります。

 

データ

 バンガード・S&P500ETF「VOO」の各種データです。

項目 指数 備考
 構成株式銘柄数 506   
 株価収益率 23.2倍   PER
 株価純資産倍率 3.2倍   PBR
 株主資本利益率 16.0%   ROE
 利益成長率 9.6%   

 構成株式銘柄数は、S&P500対象の505銘柄に対し、ほぼ同じ506銘柄となっています。また、株価収益率「PER」は、一般的には割高ですが、ハイテク株などと比べると、アメリカ市場では、そこまで高いともいえない数値ではないかと思います。

 株主資本利益率「ROE」が16%というのも、ものすごく良い数値をたたき出しています。

f:id:shimajirou37:20180618223417j:plain

 

保有上位10銘柄

 バンガード・S&P500ETF「VOO」の保有上位10銘柄と、純資産総額に占める割合です。

銘柄 ティッカー 割合
 アップル AAPL 3.8% 
 マイクロソフト MSFT 2.9% 
 アルファベット GOOGL 2.7% 
 アマゾン・ドット・コム AMZN 2.0% 
 フェイスブック FB 1.8% 
 バークシャー・ハサウェイ BRK.B 1.7% 
 ジョンソン・エンド・ジョンソン JNJ 1.6% 
 JPモルガン・チュース・アンド・カンパニー JPM 1.6% 
 エクソン・モービル XOM 1.5% 
 バンク・オブ・アメリカ BAC 1.3% 

 1位は、アップル「AAPL」。さすが、時価総額1兆円が目前に迫っている、超ビック企業。続いて、5位まではハイテク株がずらっと並んで、その下は、いろいろなセクターが入り乱れています。

 上位10銘柄で、純資産総額の20.9%を占めており、約\frac{1}{5}ということになります。

 

セクター別

 続いて、セクター別の構成比率がこちら。

セクター 割合
 情報技術 23.8% 
 金融 14.8% 
 ヘルスケア 13.8% 
 一般消費財・サービス 12.2% 
 資本財・サービス 10.2% 
 生活必需品 8.2% 
 エネルギー 6.1% 
 素材 3.0% 
 不動産 2.9% 
 公益事業 2.9% 

 情報技術が、群を抜いてセクター比率の第1位。もっとも運用効率が上がりそうな比率ですね。2位以降、比率が高いセクターは、金融・ヘルスケア・一般消費財・資本財となっています。

 素材・不動産・公益事業は、かなり少ない比率なんですね。

 

株価の推移

設立以来のバンガード・S&P500ETF「VOO」のチャートです。

f:id:shimajirou37:20180618231436j:plain

 非常にきれいな右肩上がりを描いています。リーマンショックが終わってから、運用が始まっているため、ほぼ、大きな下落は見られません。今年2月の「VIXショック」がそれなりの波になっているくらいですから。

f:id:shimajirou37:20180618231716j:plain

 

運用実績

 最後に、バンガード・S&P500ETF「VOO」の運用実績になります。

期間 リターン
 四半期 6.64% 
 1年間(2017年) 21.78% 
 3年間 11.38% 
 5年間 15.75% 
 設定来 15.40% 

 設定来、毎年15%近くのリターンをたたき出しています。特に、2017年は、1年間で最高の21.78%のリターンとなっており、早くから購入しておけばよかったと、そう思うばかりでございます。

 

まとめ

 今年に入って、あまり良いリターンが得られていない「VOO」ですが、過去の運用成績を見てみると、とても魅力のある銘柄であることがわかります。

 未来は誰にもわかりませんが、1銘柄を購入するだけで、アメリカの大企業506社に一気に分散投資が出来てしまう、バンガード・S&P500ETF「VOO」。経費率も0.04%ととても魅力な、バンガード・S&P500ETF「VOO」。アメリカで資産運用をしていく上では、必ずと言っていいほど候補に入れておきたい銘柄ですっ

それでは

 ステート・ストリートのSPDR S&P500 ETF「SPY」 まとめは、こちらになります。

www.shimaji-amekabu.com

 ブラックロックのiシェアーズ・コア S&P500 「IVV」まとめは、こちらになります。

www.shimaji-amekabu.com

 「VOO」「SPY」「IVV」の比較もどうぞ。

www.shimaji-amekabu.com