しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

高配当銘柄に分散投資をするETF、「VYM」「SDY」「DVY」どれを選ぶ!?

f:id:shimajirou37:20180705220952j:plain

 こんにちは、アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 高配当銘柄で資産運用をする。確実にインカムゲインを得ながら、キャピタルゲインも手に入れたい。いいとこ取りしたいですよね。

 高配当利回りのディフェンシブ銘柄に、個別に投資する事で、配当金を得ることはできます。ただ、株価がそのままずっと一緒であればまだいいのですが、急激に下がってしまうと、配当金で値下がり分を取り戻すだけで手いっぱい、なんてことにもなりまねません。

 そこで、選択したいのが、高配当銘柄に分散投資が出来るETFの購入です。今回は、その中でも代表的な3つのETFについて分析していきたいと思います。

  • バンガード      : バンガード・米国高配当 ETF「VYM」
  • ステート・ストリート : SPDR S&P 米国高配当株 ETF「SDY」
  • ブロックロック    : iシェアーズ 好配当株式 ETF「DVY」

 についての内容になります。

 目次

 

純資産総額と経費率の比較

 それぞれの純資産総額と経費率などです。

項目 VYM SDY DVY
運用会社 バンガード  ステート・ストリート  ブラックロック 
上場取引所 NYSE Arca 

NYSE Arca 

NASDAQ 
経費率 0.08%  0.35%  0.39% 
配当スケジュール 4半期毎  4半期毎  4半期毎 
純資産総額 203.01億ドル  152.48億ドル  168.99億ドル 
設定日 2006年11月10日  2005年11月8日  2003年11月3日 

 ブラックロックの「DVY」だけが、NASDAQ(ナスダック証券取引所)となっています。

 経費率については、バンガードの「VYM」がダントツの0.08%と超低経費率となり、「SDY」と「DVY」は、ともに0.3%台と、ここは開きがあります。純資産総額も、「VYM」が頭一つ抜きんでています。

 設立からの歴史は、ほとんど同じくらいで、3つとも十年以上の運用を続けているETFになります。どれを選んでも、信頼性ばっちり。

 

PER・PBR・配当利回り等のデータの比較

 株価収益率(PER)・株価純資産倍率(PBR)・配当利回りなどのデータです。

項目 VYM SDY DVY
株式構成銘柄数 384  112  99 
PER 19.2倍  17.70倍  17.87倍 
PBR 2.8倍  2.74倍  2.22倍 
 配当利回り 3.01%  2.69%  3.25% 
基準価格 $83.65  $93.712  $98.65 

 大きく差が出ました。まず、株式構成銘柄数について、バンガードの「VYM」が384銘柄と、かなりの数を取り入れています。広く分散投資という意味では、「SDY」と「DVY」の約3倍以上。あと、PERとPBRも少し高めの数値となっています。

 配当利回りについては、ブラックロックの「DVY」が最も高い利回りで、3.25%あります。ETFで分散投資をしながら、この利回りは、めっちゃ魅力。対し、「SDY」は、少し低めです。

 基準価格も「VYM」と「DVY」とでは、10ドル以上離れています。高配当銘柄を指標とするETFですが、いくつかの違いが見られます。

f:id:shimajirou37:20180706215520j:plain

 

保有上位10銘柄の比較

 上位10銘柄の一覧表です。

順位 VYM SDY DVY
 1位 MSFT  7.0%  STK  2.23%  CTL  2.32% 
2位 JPM  3.9%  NNN  2.12%  OKE  2.23% 
3位 JNJ  3.5%  O  2.11%  OXY  2.01% 
4位 XOM  3.2%  T  1.90%  PPL  2.01% 
5位 INTC  2.5%  XOM  1.58%  F  1.95% 
6位 WFC  2.4%  MDP  1.53%  FE  1.71% 
7位 T  2.2%  CVX  1.50%  ETR  1.66% 
8位 CVX  2.2%  ABBV  1.49%  T  1.63% 
9位 CSCO  2.2%  BKH  1.47%  STX  1.59% 
10位 PFE  2.2%  TGT  1.45%  XOM  1.50% 
合計 31.3%  17.38%  20.59% 

 保有上位TOP10は、見事にばらばらの銘柄選定となっています。唯一、エクソンモービル「XOM」だけが、すべてのETFに入っています。

 また、「SDY」と「DVY」の資産分配率は、ほとんど同じくらいですが、「VYM」については、1位のマイクロソフト「MSFT」が飛び抜けていて、全体の7%を占めています。配当利回りが、1.68%の「MSFT」がこれだけの比率を占めていながらも、トータルの配当利回りが、3.01まで高いのにも驚きです。TOP10の合計比率が、全体の約3割を占める31.3%というのも高めの数値です。

 

セクター別構成比率の比較

 続いて、セクター別の構成比率になります。

セクター VYM SDY DVY
1位 テクノロジー 17.0%  生活必需品 15.77%  公益事業 30.03% 
2位 金融 14.2%  金融 14.75%  一般消費財 15.50% 
3位 ヘルスケア 12.9%  公益事業 13.57%  エネルギー 11.85% 
4位 資本財 12.5%  資本財 12.85%  金融 9.19% 
5位 消費財 12.5%  一般消費財 10.75%  生活必需品 7.11% 
6位 石油・ガス 9.3%  不動産 9.06%  素材 6.87% 
7位 公益 7.3%  素材 9.00%  資本財 5.76% 
8位 消費者サービス 5.9%  ヘルスケア 5.76%  情報技術 5.70% 
9位 通信サービス 4.5%  エネルギー 3.07%  電気通信 3.95% 
10位 素材 3.7%  電気通信サービス  2.72%  ヘルスケア 3.67% 
11位 - 情報技術  2.70%  -

 セクターの名前の付け方が違ったり、ステート・ストリートの「SDY」には、不動産セクターが含まれていたりと、多少違いはあるものの、3つとも、投資先のセクター比率は、ばらばらです。

 それぞれのETFの特徴が、一番みれる分析だと思います。

 

運用実績の比較 

 2018年3月末までの、トータルリターンの比較です。

期間 VYM SDY DVY
年初来 -2.84%  -1.95%  0.84% 
1年間 9.46%  8.83%  9.50% 
3年間 9.97%  10.56%  12.75% 
5年間 11.86%  11.40%  12.39% 
10年間 9.12% 10.19%  10.98% 
設定来 7.74%  8.74%  8.36% 

 設定来の運用リターンは、どれも同じくらいで、ステート・ストリートの「SDY」が少し多めのリターンとなっています。ただ、2018年に入ってからのリターンにおいて、プラスの実績となってるのは、ブラックロックの「DVY」のみで、「VYM」と「SDY」は利益マイナス。しまじが保有している「VYM」は、ー2.84%と、なかなか厳しい成績となっています。

f:id:shimajirou37:20180706222936j:plain

 

「VYM」「SDY」「DVY」のまとめ

 同じ高配当銘柄への分散投資といっても、運用しているそれぞれの会社で、保有している銘柄の内容や数、比率も違えば、運用成績も異なっていました。経費率だけで考えると、だんぜん「VYM」の0.08%が飛び抜けていますが、配当利回りの高さや、運用リターンまで含めると、「DVY」も魅力を感じます。追加購入する際は、もう少し検討したいところですっ

 それでは

 関連記事です。 

 「VYM」のまとめは、こちらになります。

www.shimaji-amekabu.com

 「SDY」のまとめは、こちらになります。

www.shimaji-amekabu.com

 「DVY」のまとめは、こちらになります。

www.shimaji-amekabu.com