しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

【株価推移と企業分析 2018】トゥッティーロール・インダストリーズ【TR】 創業100年を超える老舗お菓子メーカーで配当王

f:id:shimajirou37:20190304232017j:plain

 お菓子メーカーの配当王、トゥッティーロール・インダストリーズ【TR】について、徹底分析していきます。こんにちは、アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 目次

トゥッティーロール・インダストリーズ【TR】とは

トゥッティーロール・インダストリーズ【TR】とは、アメリカのイリノイ州シカゴに本社を置く、お菓子の製造会社です。 

 100年以上に渡り、菓子製品の製造、そして販売をしてきました。主な市場としては、アメリカ、カナダ、メキシコの3ヶ国になります。また、売上がもっとも伸びるのは、ハローウィーンシーズンです。お菓子をあげないと、子供にいたずらをされちゃうので、お菓子をたくさん、買っておかないと困りますものね。

 そして、52年もの間、増配を続けている、増配王銘柄でもあります。

代表的な登録商標

  • TOOTSIE ROLL・・・小粒のチョコレート
  • TOOTSIE POPS・・・棒キャンディー
  • CHILD'S PLAY・・・お菓子の詰め合わせ
  • CARAMEL APPLE POPS・・・キャラメルで包まれたリンゴ飴
  • CELLA・・・チェリー入りチョコ
  • など

トゥッティーロール・インダストリーズ【TR】の企業情報

事業内容 : お菓子
       キャンディー、チョコ など
セクター : 一般消費財
社名   : Tootsie Roll Industries Inc
市場   : NYSE「ニューヨーク証券取引所」
従業員  : 2,000人
決算   : 12月
配当月  : 3,6,9,12月

株価推移

30年

トゥッティーロール・インダストリーズ【TR】の株価推移です。30年間の株価チャートがこちら

f:id:shimajirou37:20190306083341j:plain

 30年間で、株価は約14倍に上昇しました。ただ、順調な右肩上がりではなく、上下の値動きがけっこう激しい中での、上昇となっています。そのような中、株価を大きく上げたのが3回(1991→1992年、1997→1999年、2012→2017年)ありました。この期間が、投資期間とうまい具合にマッチしていれば、連続増配とからめて、利益を確保できたでしょう。

 また、お菓子という業界からか、リーマンショックの影響を微塵も受けていないのも、特徴の一つだと思います。どんなに不景気でも、子供へのお菓子は最優先事項なんですね。

10年

続いて、10年間の株価チャートはこちら

f:id:shimajirou37:20190306083256j:plain

 上がり下がりはしながらも、ここ10年間は、順調に株価を上昇させていっており、約2.7倍に上がってきています。

f:id:shimajirou37:20190306082959j:plain

売上高と利益の推移

 売上高と利益について、過去10年間の推移です

f:id:shimajirou37:20190306084255j:plain

 増えたり減ったりしながらも、売上・営業利益・純利益、すべて、一定の水準で推移しています。少子化が進んでいかない限りは、大きく売り上げが減少する事もなく、安定した業績が続いていくと思われます。

 また、営業利益は、まあまあ高めの10%以上を確保。11~17%の範囲で上下していて、その年々で、いくらか変動している感じがあります。

時価総額の推移

 時価総額と、発行株式数の過去10年間の推移がこちら

f:id:shimajirou37:20190306084704j:plain

 発行株式数は、この10年間で 7,300→6,400万株へと、1千株程、自社株買いを進めています。

 そうした中、株価は階段の様に上がっており、時価総額も上昇していっています。

資本の推移

 続いて、資本についてみていきます。過去10年間の推移がこちら。

f:id:shimajirou37:20190306085013j:plain

 資本については、総資産と自己資本ともに、ゆるやかに右肩上がりで増えていっています。また、自己資本比率が非常に高く、80%を切るくらいで推移しており、資産については、すばらしい状況です。

EPSとPERの推移

 次は、1株あたり利益「EPS」と株価収益率「PER」の過去10年間の推移です。

f:id:shimajirou37:20190306085241j:plain

 1株あたり利益「EPS」は、発行株式数の減少してく中、業績の安定により、上がっていく傾向にあります。

 対し、株価収益率「PER」は、比較的高めの30倍程で推移する中、2018年には37倍にまで上がっています。割高感を感じます。

f:id:shimajirou37:20190306083026j:plain

BPSとPBRの推移

 続いて、1株あたり純資産「BPS」と株価純資産倍率「PBR」についてです。過去10年間のデータがこちら。

f:id:shimajirou37:20190306085624j:plain

 順調に増え続ける自己資本と総資産の中で、自社株買いも進めており、1株あたり純資産「BPS」は、緩やかに増え続けています。

 また、株価純資産倍率「PBR」は、株価の上昇に伴い、少しづつ上がってきていますが、2018年で、2.8倍と極端な割高感はなく、資産に対しては適正な株価なのではないでしょうか。

ROEとROAの推移

 株主資本利益率「ROE」と総資本利益率「ROA」の過去10年間の推移です。

f:id:shimajirou37:20190306085846j:plain

 株主資本利益率「ROE」、総資本利益率「ROA」ともに、数値的には飛び抜けて高成績というわけではありません。ですが、一定の水準を超えながら、非常に安定していることは、評価できます。

f:id:shimajirou37:20190306083044j:plain

配当金の推移

 気になる配当金と配当利回り、過去10年間の推移がこちら。

f:id:shimajirou37:20190306090025j:plain

 52年もの間、増配を続けてきて、さらに緩やかではありますが増配を継続していっています。同時に株価も上昇しているため、配当利回りは、かなり低めです。

 もしも10年前に株を購入していたとすると想定した場合、現在の配当利回りは、1.77%と、増配銘柄の割には、そこまで配当収入は見込めそうにはない様です。
 続いて、配当性向を見ていきます。

f:id:shimajirou37:20190306090425j:plain

 配当性向は非常に低く、30~40%の間であり、十分な余力も持っており、今後も計画的な増配が見込めます。

キャッシュフローの推移

 最後に、キャッシュフローの推移になります。過去10年間のデータがこちら。

f:id:shimajirou37:20190306090629j:plain

 毎年、それなりのフリーキャッシュフローを生み出しており、財務状況は安定しています。

f:id:shimajirou37:20190306083105j:plain

まとめ

 さまざまな指数により、トゥッティーロール・インダストリーズ【TR】を分析しました。なによりも、安定している企業だと評価できます。

 市場が、アメリカ・カナダ・メキシコに限られている事と、業種がお菓子であるという事から、大きく売り上げが減ることはないですが、増える事もない状況です。

 そうした中、資本については、高い自己資本率を持っていながら、毎年上昇傾向にあり、キャッシュフローもプラスで推移と、安心の財務状況です。

 配当利回りが低い事と、増配率も決して高くないことが寂しいところですが、なによりも、安定しているという事は、強みですね☆

 それでは☆彡

トゥッティーロール・インダストリーズ【TR】は、配当王27銘柄の1つです。

増配を50年以上続けている企業 配当王全27銘柄