しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

MENU

ベクトレン【VVC】を徹底分析【2018年版】天然ガスや電力などのエネルギーを供給している企業

f:id:shimajirou37:20190105194319j:plain

天然ガスや電力などのエネルギーを供給している企業、ベクトレン【VVC】について、徹底分析していきます。こんにちは、アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 目次

ベクトレン【VVC】とは

ベクトレン【VVC】とは、アメリカのインディアナ州エバンズビルに本社を置く、天然ガスや電力などのエネルギーを供給している企業です。

f:id:shimajirou37:20190105201251j:plain

 1941年に設立したインディアナ・ガス・カンパニーと1912年に設立したサウザン・インディアナ・ガス・アンド・エレクトリック・カンパニー「SIGECO」の合併により設立されました。

 

 

f:id:shimajirou37:20190105202733j:plain

 ベクトレン【VVC】自体は持ち株会社であり、その子会社を通じてインディアナ州とオハイオ州にエネルギーの供給をしています。保有しているユーザ数は、天然ガスの供給先が約100万人程、そして電力供給が14.1万人程です。

 

 
  主となる3つの子会社は、
 ・インディアナ・ガス
 ・サザン・インディアナ・ガス・アンド・エレクトリック
 ・ベクトレン・エナジー・デリバリー・オブ・オハイオ
 です。また、メンテナンス事業として保有している、ベクトレン・エンタープライズ社により、地下パイプラインの建設と修理や、インフラに関するサービスも行っています。

 更には、59年間の間増配を続けている企業、そう、配当王でもあります。

2018年9月の配当王一覧

 

ベクトレン【VVC】の企業情報

事業内容 : 天然ガス、電力供給
セクター : 公益
社名   : Vectren Corp
市場   : NYSE「ニューヨーク証券取引所」
従業員  : 5,500人
決算   : 12月
配当月  : 2,5,8,11月

 

18年間の株価推移

ベクトレン【VVC】の株価推移です。18年間の株価チャートがこちらf:id:shimajirou37:20190106082024j:plain  ここ18年間、リーマンショック時、チャイナショック時など、下落をしてはいるものの、大幅な下げはなく、安定しています。また、2002~2012年までの10年間は、株価の上昇がないボックス相場であり、その後、一気にトレンドへと変化しています。

 そして、以前お伝えしました、ノースウェスト・ナチュラル・ガス【NWN】について、徹底分析 とも同く、2017年の12月に大きく株価を落としています。この時期は、ほとんどの銘柄の株価が上昇し続けていた時期であり、その1か月後に、大きく下げています。
 大きく株価が上昇した後の、調整相場に入る際には、公益事業の株価推移は、1ヶ月早く動きがあるのかもしれません。f:id:shimajirou37:20190105194341j:plain 

売上高と利益の推移

 続いて、売上高と利益について、過去10年間の推移です。f:id:shimajirou37:20190106083358j:plain  業績は、ほぼ同水準で推移しており、リーマンショック時も多少売上高が下がってはいるものの、そこまでの影響は感じられません。公益事業の安定感、さすがです。
 営業利益率については、10~15%の間で推移しており、それなりの利益も確保しています。

 

資本の推移

 続いて、資本についてみていきます。過去10年間の推移がこちら。f:id:shimajirou37:20190106083736j:plain  資本については、総資産、自己資本、ともに右肩上がりで緩やかに増加しています。同じ増加率なので、自己資本比率も約30%で一定。数値的に高いわけではありませんが、非常に安定しています。

 

EPSとPERの推移

 次は、1株あたり利益「EPS」と株価収益率「PER」の過去10年間の推移です。f:id:shimajirou37:20190106083958j:plain  自社株買いはまったくしておらず、7,900万→8,300万株へと発行株式数は少し増えています。その様な中、1株あたり利益「EPS」は、順調に増えていっており、ここ10年間で1.6倍ほどになっています。公益という継続事業において、しっかりと利益を増やしています。

 また、株価収益率「PER」については、株価の上昇に比例し、15倍程から25倍程へと上げています。f:id:shimajirou37:20190105194403j:plain 

BPSとBPRの推移

 続いて、1株あたり純資産「BPS」と株価純資産倍率「BPR」についてです。過去10年間のデータがこちら。f:id:shimajirou37:20190106084602j:plain  発行株式数微増の中、自己資本の緩やかな増加とともに、1株あたり純資産「BPS」も緩やかに上昇。対し、それを上回る、株価の上昇とともに、株価純資産倍率「BPR」も上昇を続け、1.5倍から3.0倍ほどにまで上げてきています。以前よりも、割高な状況になっています。

 

ROEとROAの推移

 株主資本利益率「ROE」と総資本利益率「ROA」の過去10年間の推移です。f:id:shimajirou37:20190106084923j:plain  株主資本利益率「ROE」、総資本利益率「ROA」ともに、それなりの良好な数値をキープ。また、ここ10年間は上げ基調であり、安定して利益を上げています。f:id:shimajirou37:20190105194417j:plain

 

配当金の推移

 気になる配当金と配当利回り、過去10年間の推移がこちら。f:id:shimajirou37:20190106085148j:plain  2014年まで緩やかな増配、その後は、増配率アップ。ただ、株価の上昇が大きく、配当利回りは、5.2%から2.5%にまで下がってきています。

 もしも10年前に株を購入していたとすると想定した場合、現在の配当利回りは、6.82%であり、かなりの高配当銘柄になっていました。
 続いて、配当性向を見てみましょうf:id:shimajirou37:20190106085447j:plain  配当性向少し高めでの推移です。最も高かったのは、2013年。86%まで上昇しました。その後は、純利益の増加に伴い、60%台まで下げています。

 

キャッシュフローの推移

 最後に、キャッシュフローの推移になります。過去10年間のデータがこちら。f:id:shimajirou37:20190106085653j:plain  公益事業は、インフラやメンテナンスサービスで、多額の投資キャッシュフローが必要になります。決して低くはない営業利益率の中、売上と利益を増やしていますが、それ以上の投資キャッシュフローにより、2016年、フリーキャッシュフローがマイナスに転じています。
 他の年も含めて、フリーキャッシュをつくり出すのがなかなか難しい、業界のようです。f:id:shimajirou37:20190105194432j:plain

 

まとめ

 さまざまな指数により、ベクトレン【VVC】を分析しました。安定した公益事業でありながら、しっかりと売上げ、利益、資本を増やしており、増配を継続しながらとても安定した経営状況です。
 しかしながら、キャッシュフローが、なかなか厳しく、投資キャッシュフローを出来るだけ抑えながらも、安全に考慮したパフォーマンスを継続できるかが、重要になってくるのではと思われます。

 60年を超える連続増配記録更新、期待してます♪
 それでは☆彡

 ベクトレン【VVC】は、50年以上に渡り増配を続けている、配当王銘柄ですっ

www.shimaji-amekabu.com

 

アメリカ株ブログの偉人達に出会えます

にほんブログ村 米国株