しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

公表問題№2 コンセントへの送り配線と常時点灯パイロットランプの電気回路【第2種電気工事士合格への道】

f:id:shimajirou37:20180714190620p:plain

 こんにちは、第2種電気工事士合格を目指している☆しまじです☆

 2018年上期の技能試験、公表されている候補問題について、見ていきます。今回は、№2になります。

 目次

 

候補問題№2

 公表されている、技能試験の問題№2の回路図がこちら。

f:id:shimajirou37:20180714195615j:plain

 

特記事項

 技能試験の、特記事項です。

  • 図記号は、原則としてJIS C 0303:2000に準拠しています。
  • Rはランプレセプタクルを示しています。
  • 記載のない電線の種類は、VVF1.6です。

 

問題について

 まず、電源が「1φ2W 100V」なので、単相(黒と白の2本線)の100V回路になります。電源からVVF用ジョイントボックス(実際には取り付けません)までが、「VVF 2.0-2C」で指定されています。

 続いて、3つのコンセントが接続されますが、2個は連結で、もう1個がそこからの分岐となっています。

 また、ランプレセプタクル2個を1つのスイッチで点滅させ(2個の内、1個は施工省略です。)、スイッチのところに確認表示灯として、パイロットランプが接続され、常時点灯している電気回路となっています。

 リングスリーブによる接続では、使用するリングスリーブのサイズ(小・中)と、リングスリープ用圧着工具で圧着した時の刻印(○・小・中)を間違いなく施工する事が必須となります。 

リングスリーブのサイズと使用する圧着工具のダイス
接続する電線のサイズと組合せ リングスリーブ 圧着工具のダイス
1.6mm×2本 1.6×2
1.6mm×3~4本
2.0mm×2本
2.0mm×1本+1.6mm×1~2本
2.0mm×1本+1.6mm×3~5本
2.0mm×2本+1.6mm×1~3本

 圧着ダイス1.6×2でカシメた際に、「○」がリングスリーブに刻印されます。この表は、完璧に覚える必要があります。

f:id:shimajirou37:20180714202227j:plain

 

複線図

 では、複線図を書いていきます。VVF用ジョイントボックスの左側をリングスリーブ、右側を差込形コネクタによる結線とします。

電源と機器の配置

 まずは、電源部分の配線と、接続する機器の配置から。

f:id:shimajirou37:20180714200328j:plain

 電源における白線と黒線の配置を決めますが、この回路だと、どちらを白色にしようか迷います。このような時は、電源に近いところの接続が何になるかで、決定します。電源のすぐ横は、ランプレセプタクル(負荷側)になっていますので、上側を白色、下側(コンセント側)を黒色にしています。どちらでも構わないのですが、この方がのちのち配線をし易くなります。

 

埋込コンセント(2口)への配線

 続いて、埋込コンセント(2口)への配線です。

f:id:shimajirou37:20180714200657j:plain

 スイッチ側の黒線から、線をつないでいきます。コンセントへは、単純に白線と黒線をつなぎます。

 

埋込連用コンセントへの配線

 続いて、先ほど接続した埋込コンセント(2口)から、さらに分岐させた埋込連用コンセントへの配線になります。

f:id:shimajirou37:20180714201128j:plain

 先ほど同様に、白線と黒線をつなぎます。コンセントですが、白線を接続するところに、指定があり、「W」の表記があるところへ接続をします。(スイッチには、色の指定はありません。)

 

確認表示灯(パイロットランプ)の配線

 続いて、確認表示灯(パイロットランプ)への配線です。

f:id:shimajirou37:20180714201453j:plain

 パイロットランプは、常時点灯(スイッチがONでもOFFでも点灯している。)になるので、コンセント同様に、白線と黒線をつなげます。

 

ランプレセプタクル(施工省略)の配線

 続いて、ランプレセプタクル(施工省略)への配線です。

f:id:shimajirou37:20180714201711j:plain

 スイッチ側から線をつないでいきます。スイッチまでの黒線は、先ほど、パイロットランプを接続した時に、すでにつながれています。スイッチ「イ」を通った後の配線は、ランプレセプタクル(施工省略)へ行き、白線へとつながります。実際には、ランプレセプタクルはない為、配線が途中で切られている形状となります。

 

もう一つのランプレセプタクルの配線

 最後は、施工省略されていないランプレセプタクルへの配線になります。

f:id:shimajirou37:20180714202150j:plain

 ランプレセプタクルは、2個ともスイッチ「イ」で点滅する為、スイッチから出た配線が分岐されて、それぞれのランプレセプタクルにつながります。 

 また、VVFジョイントボックス同士の配線は、3心ケーブルによる接続となり、電灯側(負荷側)が白線。他の2本が黒か赤の配線となります。

f:id:shimajirou37:20180714202715j:plain

 

まとめ

 2018年 第2種電気工事士 上期技能試験の候補問題№2、コンセントへの送り配線と常時点灯パイロットランプの電気回路についてでした。コンセントの白線の接続「W」に気を付けることと、よく出題されるランプレセプタクル、軟銅線をクルッと輪っかにする技も、身に付けないといけません。確実に、すばやく配線図を書き上げ、正確な施工をしていきましょうっ

 それでは

 2018年 第2種電気工事士 上期技能試験 の公表問題と複線図の書き方はこちら。

公表問題№1 電灯3灯を点滅させる電気回路

公表問題№2 コンセントへの送り配線と常時点灯パイロットランプの電気回路

公表問題№3 タイムスイッチを用いた電灯を点滅する電気回路

公表問題№4 配電用遮断器と漏電遮断器と三相200V動力の電気回路

公表問題№5 200V接地極付コンセントと100Vの電気回路

公表問題№6 3路スイッチと露出型コンセントを用いた電気回路