しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

公表問題№3 タイムスイッチを用いた電灯を点滅する電気回路【第2種電気工事士合格への道】

f:id:shimajirou37:20180715120917j:plain

  こんにちは、第2種電気工事士合格を目指している☆しまじです☆

 2018年上期の技能試験、公表されている候補問題について、見ていきます。今回は、№3になります。

 目次

 

候補問題№3

 公表されている、技能試験の問題№3の回路図がこちら。

f:id:shimajirou37:20180716100945j:plain

特記事項

 技能試験の、特記事項です。

  • 図記号は、原則としてJIS C 0303:2000に準拠しています。
  • Rはランプレセプタクルを示しています。
  • 記載のない電線の種類は、VVF1.6です。

 

問題について

 まず、電源が「1φ2W 100V」なので、単相(黒と白の2本線)の100V回路になります。電源からVVF用ジョイントボックス(実際には取り付けません)までが、「VVF 2.0-2C」で指定されています。

 続いて、コンセントが1つ接続されます。さらに、ランプレセプタクルを1つのスイッチで点滅させます。そして、一番特徴的なのが、タイムスイッチを用いて、引掛シーリング(ボディ角形)の電灯を点滅させる、タイムスイッチを用いた電気回路になります。

 タイムスイッチは、実施には省略され、端子台が代用されます。

f:id:shimajirou37:20180716101326j:plain

 上の図の、「S1」「S2」「L1」への端子接続のみを施工する事となります。

 また、リングスリーブによる接続では、使用するリングスリーブのサイズ(小・中)と、リングスリープ用圧着工具で圧着した時の刻印(○・小・中)を間違いなく施工する事が必須となります。 

リングスリーブのサイズと使用する圧着工具のダイス
接続する電線のサイズと組合せ リングスリーブ 圧着工具のダイス
1.6mm×2本 1.6×2
1.6mm×3~4本
2.0mm×2本
2.0mm×1本+1.6mm×1~2本
2.0mm×1本+1.6mm×3~5本
2.0mm×2本+1.6mm×1~3本

 圧着ダイス1.6×2でカシメた際に、「○」がリングスリーブに刻印されます。この表は、完璧に覚える必要があります。

f:id:shimajirou37:20180716101502j:plain

 

複線図

 では、複線図を書いていきます。VVF用ジョイントボックスの左側をリングスリーブ、右側を差込形コネクタによる結線とします。

電源と機器の配置

 まずは、電源部分の配線と、接続する機器の配置から。

f:id:shimajirou37:20180716101532j:plain

 電源における白線と黒線の配置を決めますが、この回路だと、タイムスイッチ側が白色で、その逆、左側を黒色にします。どちらでも構わないのですが、この方がのちのち配線をし易くなります。

 

コンセントへの配線

 続いて、コンセントへの配線です。

 

f:id:shimajirou37:20180716101738j:plain

 

 スイッチ側の黒線から、線をつないでいきます。コンセントへは、単純に白線と黒線をつなぎます。

 

ランプレセプタクルへの配線

 続いて、ランプレセプタクルを、スイッチ「ロ」で点滅させる回路になります。

f:id:shimajirou37:20180716101831j:plain

 スイッチ側の黒線からつないでいきます。スイッチを経由し、ランプレセプタクルへと向かいます。ランプレセプタクルにつながった後、電源の白線(接地側の線)へとつながります。電灯(負荷側)は、必ず接地側の線と直接つながります。

 

タイムスイッチへの配線

 続いて、タイムスイッチへの配線です。実際には、代用された端子台までの配線になります。

f:id:shimajirou37:20180716102222j:plain

 この時、タイムスイッチ内において、開閉する回路側「S1」に黒線、そして開閉させるモータ側「S2」に白線をつなぎます。

 

タイムスイッチから電灯への配線

 最後に、タイムスイッチから引掛シーリング(ボディ角形)までの配線です。

f:id:shimajirou37:20180716102414j:plain

 黒線からつなぎます。開閉する回路側「S1」からタイムスイッチ内部を通って出てきた「L1」を、引掛シーリングまでをつなげ、続いて、白線(接地線)をつなぎます。

 VVFジョイントボックス相互の接続は、3心ケーブルでの接続となり、それぞれの負荷側とつながる線は白線、コンセントの非接地線が黒線、そして、もう一本が赤線となります。 

f:id:shimajirou37:20180716150741j:plain

 

まとめ

 2018年 第2種電気工事士 上期技能試験の候補問題№3、タイムスイッチを用いた電灯を点滅する電気回路についてでした。端子台における接続は、5cmシースを剥ぎ取り、端子台の幅分、絶縁被覆をはぎ取って、しっかりと端子台に挟み込んでの接続となります。この時、絶縁被覆を一緒に挟みこまないよう、注意が必要です。確実に、すばやく配線図を書き上げ、正確な施工をしていきましょうっ

 

 それでは

 

 2018年 第2種電気工事士 上期技能試験 の公表問題と複線図の書き方はこちら。

公表問題№1 電灯3灯を点滅させる電気回路

公表問題№2 コンセントへの送り配線と常時点灯パイロットランプの電気回路

公表問題№3 タイムスイッチを用いた電灯を点滅する電気回路

公表問題№4 配電用遮断器と漏電遮断器と三相200V動力の電気回路

公表問題№5 200V接地極付コンセントと100Vの電気回路

公表問題№6 3路スイッチと露出型コンセントを用いた電気回路