しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

公表問題№5 200V接地極付コンセントと100Vの電気回路【第2種電気工事士合格への道】

f:id:shimajirou37:20180717232748j:plain

 いつも、ブログをご覧いただきありがとうございます♪ 第2種電気工事士合格を目指している☆しまじです☆

 2018年上期の技能試験、公表されている候補問題について、見ていきます。今回は、№5になります。

 目次

 

候補問題№5

 公表されている、技能試験の問題№5の回路図がこちら。

f:id:shimajirou37:20180718212505j:plain

特記事項

 技能試験の、特記事項です。

  • 図記号は、原則としてJIS C 0303:2000に準拠しています。
  • Rはランプレセプタクルを示しています。
  • 記載のない電線の種類は、VVF1.6です。

 

問題について

 今回は、電気回路の1次側に、100Vについては配線用遮断器が、単相200Vについては漏電遮断器が施設される 回路になります。実施は施工省略されて、端子台だけです。また、単相200Vには、別ラインでアースが接続され、200Vの端子台は3極となります。

 まず、電源100Vラインは、「1φ2W 100V」なので、単相(黒と白の2本線)の100V回路になります。電源からVVF用ジョイントボックス(実際には取り付けません)までが、「VVF 2.0-2C」で指定されています。さらにコンセントが1個と、蛍光灯(施工省略)が1灯、そしてランプレセプタクルが1個、さらにそれぞれを点滅させる、スイッチ「イ」とスイッチ「ロ」があります。

 電源200Vラインは、単相(赤と黒の2本線)の200V回路であり、アースがある為、赤と黒と緑の3本線になります。そして、20A250V接地極付のコンセントにつながります。

 リングスリーブによる接続では、使用するリングスリーブのサイズ(小・中)と、リングスリーブ用圧着工具で圧着した時の刻印(○・小・中)を間違いなく施工する事が必須となります。 

リングスリーブのサイズと使用する圧着工具のダイス
接続する電線のサイズと組合せ リングスリーブ 圧着工具のダイス
1.6mm×2本 1.6×2
1.6mm×3~4本
2.0mm×2本
2.0mm×1本+1.6mm×1~2本
2.0mm×1本+1.6mm×3~5本
2.0mm×2本+1.6mm×1~3本

 圧着ダイス1.6×2でカシメた際に、「○」がリングスリーブに刻印されます。この表は、完璧に覚える必要があります。

f:id:shimajirou37:20180718213126j:plain

 

複線図

 では、複線図を書いていきます。VVF用ジョイントボックスはリングスリープによる結線とします。

電源と機器の配置

 まずは、接続する機器の配置から。

f:id:shimajirou37:20180718213207j:plain

 問題でも指示があると思いますが、100Vの配線用遮断器においては、「N」が白線で、「L」が黒線になります。そして、200Vの漏電遮断器においては、赤線と黒線は、どちらにつないでも良く、アース「ET」に緑線がつながります。

 

100Vコンセントへの配線

 続いて、100Vコンセントへの配線です。

f:id:shimajirou37:20180718213416j:plain

 スイッチ2つを経由して、黒線から線をつないでいきます。コンセントへは、単純に白線と黒線をつなぎます。

 

蛍光灯(施工省略)への配線

 続いて、蛍光灯(施工省略)を、スイッチ「イ」で点滅させる回路になります。

f:id:shimajirou37:20180718213611j:plain

 スイッチ側からつないでいきます。スイッチからジョイントボックスまでの配線の色は、まだわかりません。ジョイントボックスから蛍光灯(施工省略)までは、黒線でつなぎます。蛍光灯(施工省略)につながった後、電源の白線(接地側の線)へとつながります。電灯(負荷側)は、必ず接地側の線と直接つながります。

 実際は、蛍光灯は施工省略となるので、配線は切りっぱなしとなります。

 

ランプレセプタクルの配線

 続いて、ランプレセプタクルへの配線です。

f:id:shimajirou37:20180718213929j:plain

 スイッチ「ロ」からジョイントボックスまでつなぎます。この時、ジョイントボックスとスイッチ2個とコンセントがついた埋込連用取付枠までの間が、4心になりますが、支給される材料が2心ケーブルとなる為、2心ケーブルを2本使用します。

 ここで、スイッチ「イ」からジョイントボックスまでの線を黒色、そしてスイッチ「ロ」からジョイントボックスまでの線を白色にしました。逆でも構いません。

 スイッチ「ロ」からきた線は、ジョイントボックスから黒線でランプレセプタクルにつながり、ランプレセプタクルにつながった後、電源の白線(接地側の線)へとつながります。電灯(負荷側)は、必ず接地側の線と直接つながります。

 

200Vコンセントへの配線

 最後に、200Vコンセントへの配線です。

f:id:shimajirou37:20180718214542j:plain

 単相200Vの赤線と黒線、そしてアースの緑線を20A250V接地極付コンセントへつなぎます。

 

まとめ

 2018年 第2種電気工事士 上期技能試験の候補問題№5、200V接地極付コンセントと100Vの電気回路についてでした。遮断器を代用した端子台につなげる配線の色について注意です。確実に、すばやく配線図を書き上げ、正確な施工をしていきましょうっ

 それでは

 2018年 第2種電気工事士 上期技能試験 の公表問題と複線図の書き方はこちら。

公表問題№1 電灯3灯を点滅させる電気回路

公表問題№2 コンセントへの送り配線と常時点灯パイロットランプの電気回路

公表問題№3 タイムスイッチを用いた電灯を点滅する電気回路

公表問題№4 配電用遮断器と漏電遮断器と三相200V動力の電気回路

公表問題№5 200V接地極付コンセントと100Vの電気回路

公表問題№6 3路スイッチと露出型コンセントを用いた電気回路