しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

単極スイッチにおける電灯配線図の書き方 【第2種電気工事士合格までの道】

f:id:shimajirou37:20180707112230p:plain

 こんにちは、第2種電気工事士の合格を目指している☆しまじです☆

 第2種電気工事士試験合格への道、第64回。今回は、電灯配線図の書き方についての内容になります。

  目次

 

電灯配線図

  電灯に明かりをつけたり、消したりするための、配線の接続方法について、学んでいきます。配線の表記の仕方には、次の2つのパターンあります。

  • 単線図 : 電気図面に記載されているものです。
  • 複線図 : 実際に電線をどのように配線図するかを詳しく記したものです。

 通常、電気図面には単線図で表記されていますので、図面を見ながら配線工事をする際には、すべてを複線図に書き直すことができないと、工事を施工することができません。

 では、いろいろな電灯配線図について、単線図と複線図の両方を見ていきましょう。

単極スイッチ 

 スイッチ1個で、電灯1灯を点滅させる回路です。

単線図 複線図

f:id:shimajirou37:20180520221854j:plain

f:id:shimajirou37:20180520222342j:plain

 黒点は、電線の接続点です。 

 イの点滅器(スイッチ)を入り切りすると、イのシーリングライトが連動して、ついたり消えたりする回路です。単純明快ですね。

ちなみに、シーリングライトとは、上のようなライトのことです。

 

 続いて、スイッチ1個で、電灯2灯を点滅させる回路です。 

単線図 複線図

f:id:shimajirou37:20180520223558j:plain

f:id:shimajirou37:20180520223612j:plain

 2灯をスイッチ1つで点滅させる時には、2灯を並列に接続します。同じ電圧がかかるようにするという事ですね。

 

 さらに続いて、スイッチ2個で、電灯2灯を点滅させる回路です。 

単線図 複線図

f:id:shimajirou37:20180520224728j:plain

f:id:shimajirou37:20180520224838j:plain

 上の回路のようになります。この時、複線図のスイッチに接続される電線の本数は、スイッチの個数+1個となります。注意しながら複線図を描いていけば、間違えずに出来そうです。

 例 : スイッチが2個なので、接続される電線の本数は、3本になっています。

 

電灯とコンセント 

 電灯1灯と、コンセント1個を接続した回路です。 

単線図 複線図

f:id:shimajirou37:20180520230752j:plain

f:id:shimajirou37:20180520230805j:plain

 上の回路のようになります。

 コンセントと電灯がある場合には、まずはコンセントの接続から考えます。そのまま、線をつないでいくだけでOKです。続いて、スイッチまでの配線を接続して、最後に電灯への配線を書いていくことで、間違いのない複線図を作ることが出来ます。

f:id:shimajirou37:20180707112419p:plain

 

今日のまとめ

 今日は、「単極スイッチにおける電灯配線図」について学びました。2灯の場合は、並列に接続です。電圧を同じにするということですねっ。

 次回は、「3路スイッチと4路スイッチ、そしてパイロットランプの配線図」の書き方になります。

 

 それでは