しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

受験してきました!!第2種電気工事士2018上期 技能試験

f:id:shimajirou37:20180722214726j:plain

 いつも、ブログをご覧いただき、ありがとうございます♪ 第2種電気工事士の合格を目指している☆しまじです☆ 

 第2種電気工事士2018年上期の技能試験を、受験してきましたっ

  目次

 

技能試験とは

 技能試験とは、筆記試験とは全く異なり、実際の実技、作業となります。電気工事士の試験だけあって、実際に電線を切断して、絶縁被覆をはぎ取り、スイッチやランプを接続させて、出題された電気回路を製作するという内容のものです。

 しまじとしては、物を作るのは大好きなので、どちらかというと楽しい分野。施工における、いろいろな決まり事を守りながら、配線図どおりの電気回路を組み上げていきます。ただ、唯一、危ないと思うところが、普段から電気工事をいつもやっているわけではないので、慣れていません。作業に時間がかかります。

 技能試験の内容は、事前にネットにて公開されます。今年は、1月12日に公表されており、公表問題として№1~13までの、全13問が公開されます。このうちの、いずれか1つが技能試験の、本試験で出題されます。

 13問すべてを時間内に完璧にこなせれば、間違いなく合格となります。

 

受験会場に向かう

 筆記試験を何とか合格し、第2の関門である、技能試験に臨みます。筆記試験の時と、会場は違うところですが、家からは少し遠く、前回と同様に電車で向かいます。

 駅までは、歩いて向かいます。暑い、暑すぎる。着くまでのあいだに溶けそうなくらい、暑い・・・。駅のホームで食べた抹茶アイスの美味しいこと(●^o^●)

 時間通りに電車が到着。電車の中には、工具箱を持った高校生が数名、今日は、がんばりましょうね!

 

 

f:id:shimajirou37:20180722231043j:plain

 

試験会場にて

 会場は、なかなかの広さです。説明開始の40分前には着いたのですが、結構、人がいます。半分以上は高校生かな~。説明開始まで、公表問題の内容と、複線図の書き方をめいっぱい復習しました。

 それにしても、会場で案内をしている方や、説明をしてくれる方って、みんな親切ですね。

 自分の受験番号が貼ってある席に、着席しました。技能試験は、椅子に座って机の上で行います。机の上には、保護板(厚紙)が、一人1枚ずつ置かれていました(それと注意事項の紙が一枚)。第一印象は、狭っ。一人に与えられたスペースって、結構狭いんですね。

  

試験開始

 技能試験が始まる40分前から、試験の説明が始まります。試験前には、材料の確認などがある為、結構早くからの説明開始です。さらに、説明が始まってから試験開始までは、トイレ休憩も含め、会場への出入りは禁止となります。もし、これを破った場合には、即失格。なかなかに厳しいルール。

 試験の説明後は、受験番号のマークシート塗りつぶしから始まり、ついに電設材料が全員に配られます。

 「材料の確認開始」の試験管の合図を皮切りに、全員で今回の試験で使用する材料に、足りないものや不具合がないかなどを、確認します。やっぱり狭いっ。特に電線の長さを確認するのには、隣の人にあたらない様に、気を付けないと・・・。まだ、問題は見れませんが、配布された材料で、どの問題かはわかりますよねっ。

 なんだかんだで、あっという間に、技能試験開始です!

 

試験を終えて

 技能試験は40分。この40分の間に、配線図を複線図にし、電気回路をつくります。今年の問題は、全13問の中でも、施工ボリュームが大きい問題の出題でした。(しまじが、そう思っただけなのかもしれませんが)

 間違いがないように、一つ一つ確認しながら描いた複線図に、線の色や配置をメモしながら、電気回路を製作していきます。少し急ぎ気味で、なんとか接続を仕上げて、長さを調整したり、直しをしていると、いきなり、「やめっ」の合図。焦って、受験番号札を取り付けました。

 めっちゃギリギリでした。あと少しで、間に合わないところでした。実は、試験会場に時計を持って行っておらず、会場には時計がない。現在時刻が分からないまま、試験を進め、感覚ではまだまだ余裕があると思いきや、実は全然ありませんでした。

 時計は、必ず持参した方が良いですよ!!

f:id:shimajirou37:20180722231935j:plain

 

受験してみて

 出題される問題は、公表問題としてネットで公開されているため、しっかりと予習をして臨めば、間違いのない施工が出来ると思います。問題は、作業時間です。毎日、電気工事をされている方であればまだしも、普段、あまり電設資材に触れることが無いようだと、かなり短い試験時間です。

 欠陥を作らない施工も、もちろん大事ですが、施工のスピードを上げる練習も、必要だと感じる、今日の技能試験でした。

 結果発表は、8月20日です。必ず合格っ!

 それでは

 筆記試験を受験した時のことです。

www.shimaji-amekabu.com