しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

MENU

三菱電機製FA統合エンジニアリングソフトウェア「iQ Works Version 2」をインストールしてみた

iQ Works Version2 画像1

 普段、アメリカ株で資産運用している、しまじが、三菱電機製のFA統合エンジニアリングソフトウェア「iQ Works Version 2」をインストールしてみた

FA統合エンジニアリングソフトウェアとは

 FAとは、ファクトリーオートメーション Factory Automation の頭文字を取った言葉で、工場の生産工程を自動化させるためのシステムのこと

 そして、FAには、パソコンで使うソフトウェアが必要になる

それが、今回の三菱電機製FA統合エンジニアリングソフトウェア「iQ Works Version 2」ということになる

 

 初めて使うソフトウェアなので、まだ中身を全く把握しきれていないし、使い方も、実は全く分かっていない

 ざっくり、どんなソフトかというと、シーケンスというプログラムを組んで、装置を自由自在に動かす事が出来る、ソフトといったところだろうか

 

 これから、「iQ Works Version 2」の購入を検討している方にとって、少しでもプラスの情報であったら良いなと思う。そして、すでに、「iQ Works」を使い倒している、諸先輩方には、鼻で笑いながら見て頂けると、ありがたい

構成品

 今回、インストールした「iQ Works Version 2」は、サイトライセンス品の形名が、 

SW2DND-IQWK-JC
(日本語版パッケージ)
(サイトライセンス品)

になる。

ライセンスの種類

「iQ Works Version 2」には、ライセンスの選択肢として、4パターンが用意されている

  1. 標準ライセンス品
  2. 複数ライセンス品
  3. 追加ライセンス品
  4. サイトライセンス品

この違いは、ライセンス、つまりソフトをインストール出来るパソコン台数の違いということになる

 

 表で簡単に表すと、

iQ Works Version2 ライセンス

 標準ライセンスの「iQ Works Version 2」を購入すると、パソコン1台分のプロダクトIDが入っている

  • プロダクトID・・・インストールする際に必要となるID。このIDを入力しないと、インストールが出来ない

 自分1人で使うのであれば、標準ライセンスで十分だが、会社で購入となると、断然サイトライセンスの方が、お得な買い方となる

 ただし、サイトライセンスの場合は、代表者がネット上でソフトウェアの登録をする必要がある

製品構成

 「iQ Works Version 2」は、いかにもソフトが入っていそうな段ボールの箱だ

そして、中には次のものが入っている

  • DVD-ROM MELSOFT IQ Works Version2 Disc1 ×1枚
  • DVD-ROM MELSOFT IQ Works Version2 Disc2 ×1枚
  • DVD-ROM MELSOFT IQ Works Version2 Disc3 ×1枚
  • DVD-ROM MELSOFT IQ Works Version2 Disc4 ×1枚
  • DVD-ROM MITSUBISHI ELECTRIC FA Library Disk1 ×1枚
  • DVD-ROM MITSUBISHI ELECTRIC FA Library Disk2 ×1枚
  • インストール手順書 ×2枚
  • ソフトウェア登録のご案内 ×1枚
  • ライセンス許諾書 ×1枚
  • ソフトウェア使用契約書 ×1枚

iQ Works Version2

DVD-ROM×6枚がメインで、それに数枚のペーパー、そして一番大事なライセンス許諾書といった構成だ

 購入費用のほどんどが、ソフトウェアをインストールするのに必要なプロダクトIDが記載された、ライセンス許諾書に充てられると言っても過言ではない

iQ Works Version2 画像2

インストール

 実際にインストールをしてみた。インストールしたのは、Windows10 

まずは、手始めに「DVD-ROM MELSOFT IQ Works Version2 Disc1」をパソコンの、DVDドライブに挿入

ピッ、ウィーンという事がする。が、自動ではset-upの画面にはならなかった

 

ディスクトップのPC(コンピュータ)をダブルクリックして、DVDドライブ(D:)に表示されている

SW2DVD-IQWK-JDVD-1

をダブルクリック、DVDが動き出す 

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」

はい・いいえ で、「はい」をクリック

 

その後、団体名や代表者の名前、そしてプロダクトIDを入力しながら、順調に進めていく。そして、ついにインストールを開始!!

長い・・・30分くらいかかるだろうか、これで、自由自在に装置のプログラミングが出来ると思えば、それ位は、仕方のない事なのだろう

 

インストール完了後、パソコンを再起動させて、Disk1を終了

続いて、Disk2→4と4枚をインストール、それぞれ、それなりの時間を要す

「MELSOFT IQ Works Version2 Disc」のインストールを終了すると、なんと26ものアプリがパソコンの中にインストールされていた

 そりゃ、時間かかるわ

 

引き続き、「MITSUBISHI ELECTRIC FA Library Disk」をDVDドライブに挿入

これは、ソフトではなく、三菱電機製品のライブラリーのようだ

Disk1が日本語バージョン、Disk2が英語バージョンンなのかな 

 こうして、無事「iQ Works Version 2」をパソコンにインストール

あとは、使いまくって慣れていくだけ。使いこなせるかな・・・ 

 

まとめ

 FA統合エンジニアリングソフトウェア「iQ Works Version 2」をパソコンにインストールしてみた

 やってみて思ったのは、結構時間がかかるということ。 だいたい2時間くらい、かかっただろうか。ソフトウェア1つだけなら、短時間でインストールできるのだろうけど、「iQ Works」統合ということで、様々なソフトウェアがパッケージングされている

 

 三菱電機製品のシーケンサ、タッチパネル、サーボモータ、インバータ、そしてロボットと、ほとんどの機器をプログラミングできるソフトウェアであり、使いこなす事が出来れば、かなり、魅力的な商品だ 

 製品はすばらしい、あとはそれを使う人の問題だ

取寄 三菱電機 SW2DND-IQWK-JC MELSOFT iQ Works Version 2 日本語版 サイトライセンス品 NN

価格:178,605円
(2019/5/25 10:57時点)

↑今回インストールしたソフトウェア↑