しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

楽天証券で買うiDeCo(イデコ)「たわらノーロード 日経225」【楽天・全米株式インデックス・ファンドとの比較】

f:id:shimajirou37:20190316102242j:plain

 iDeCo(イデコ)、買ってますか~。楽天証券で買うiDeCo(イデコ)商品紹介の第3弾。こんにちは、アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 

 目次

iDeCo(イデコ)商品

 老後の資金を作る上で、ぜひはじめておきたいのが、iDeCo(イデコ)。好評につき、第3回に突入。今回は、日本株ファンドである、「たわらノーロード 日経225」についての内容になります。

 アメリカ株で資産運用をし、アメリカ市場でさまざまな企業を分析してきた☆しまじ☆が、全力で楽天証券のiDeCo(イデコ)商品を紹介していきます。

 なぜ、楽天証券なのかは、こちらをご覧ください。

 楽天スーパーポイントを使った、0円からの投資術 ← 実際に買ってみました。

たわらノーロード 日経225とは

「たわらノーロード 日経225」とは、アセットマネジメントOne株式会社が、日経平均株価(日経225)に連動するように、運用されているファンドです。

  • たわら・・・このファンドの名称
  • ノーロード・・・購入時、そして換金時に手数料がかからないファンドのこと
  • ファンド・・・複数の投資家から集めた資金を、プロが運用し、利益を出して投資家に分配する仕組み
  • 日経225・・・日本を代表する企業225社の株価をもとに、日本経済新聞社が算出、公表している株価指数

 TOPIX同様に、日本の株式市場の株価の動きに連動します。日本の景気が良くなれば、株価が上がり、景気が悪くなると、株価が下がります。日本における、代表的なインデックスファンドといえます。

  • インデックス・・・その市場の平均値と同じような動きを目指して行う、運用のこと
  • TOPIX・・・東証株価指数(Tokyo Stock Price Index)の略称。1969年1月4日の、東京証券取引所第1部に上場している企業の時価総額を100ポイントと決めて、現在の時価総額がどのくらいかを表している指数。単位は、ポイント。

たわらの由来

 このファンドの名前にある、たわら。たわらって、いったい何?と思われた方もいるのではないでしょうか。しまじも、最初、たわらって何?と、思った1人です。

 たわらというファンドの名前が、決まるまでに、運用会社のアセットマネジメントOne株式会社では、いろいろと試行錯誤があった様です。

 はじめ、他社との差別化やブランド力を持てる名前は、ということで、社内公募でネーミングのアイデアを集めてみたところ、パッとしませんでした。そこで、プロジェクトチームは、コンセプトを絞るところから考え直します。

 コンセプトは、

  1. 親しみのある
  2. 分かりやすい
  3. コツコツと蓄える

といったイメージです。そして、300個の候補がつくられました。

 その、300個の候補の中で、女性のメンバーが「たわらがいい!」との声がありました。

 豊か、そして蓄えるというようなイメージを持つ名前のたわら

 その後、社内で賛否両論があった中、最終的に社長提案の社内アンケートで、たわらノーロードという名前が生まれたということです。

概要

設定日  : 2015年12月7日
手数料  : なし
管理費用 : 0.1836%(税込)
投資対象 : 日経225インデックスファンド・マザーファンド
信託期間 : 無制限
決算   : 10月12日
       (休業日の場合は、よく営業日)
申込単位 : 100円以上1円単位
申込価額 : 購入約定日の基準価額
解約価額 : 売却約定日の基準価額
元本保証 : なし

投資先

 どこに投資しているのかを、わかりやすく図で表すと、

f:id:shimajirou37:20190316113705j:plain

の様になります。「日経225インデックスファンド・マザーファンド」への投資により、日本の株式を購入している構図になっています。このファンドは、日本の日経平均株価(日経225)に連動するように運用されていますと、つまり、「日経225インデックスファンド・マザーファンド」が、日経平均株価(日経225)に連動して運用されているという事になります。

経費の比較

「たわらノーロード 日経225」の経費は0.1836%です。今回も、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」との比較をしていきたいと思います。「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の経費が0.1696%だったので、その差は、0.014%です。

 もし、100万円分をそれぞれ購入した場合の1年間の経費は、「たわらノーロード 日経225」の場合が1,836円、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の場合が1,696円なので、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を購入した方が140円、安くなります。

 両方とも、とても管理費用が安い為、気になるほどではありません。

f:id:shimajirou37:20190316102452j:plain

株価推移

 それでは、これまでの株価推移をみていきましょう。「たわらノーロード 日経225」が開始して、3年と4か月程です。

 開始してからの「たわらノーロード 日経225」の株価推移。約3年間の株価チャートがこちら

f:id:shimajirou37:20190316114959j:plain

開始直後の2016年、チャイナショックにより株価が低迷しています。その後、2017年は順調な右肩上がりでしたが、2018年の調整相場により大きな上昇は見られず、結果として、1.1倍のUPと、わずかながらの成長といえます。

組入上位10銘柄

  続いて、「たわらノーロード 日経225」の、組入れ上位10銘柄をみていきましょう。

順位 銘柄名 銘柄コード 組入比率 業種
1位 ファーストリテイリング 9983 7.8% 小売業
2位 ソフトバンクグループ 9984 3.7% 情報・通信機器
3位 ファナック 6954 2.7% 電気機器
4位 KDDI 9433 2.3% 情報・通信機器
5位 東京エレクトロン 8035 2.1% 電気機器
6位 ダイキン工業 6367 1.8% 機械
7位 ユニー・ファミリーマートホールディングス 8028 1.8% 小売業
8位 京セラ 6971 1.7% 電気機器
9位 テルモ 4543 1.7% 精密機器
10位 TDK 6762 1.3% 電気機器
合計 26.9%  

 ユニクロで有名な、ファーストリテイリング【9983】が組入比率7.8%と、かなり高い比率で1位の座に君臨しています。

 興味深いのが、TOPIXの組入銘柄とほとんどが異なり、唯一両方に組入れられているのが、ソフトバンクグループ【9984】だけになっています。TOPIXで組入1位のトヨタ自動車【7203】がTOP10に入っていません。

 さらに、上位10銘柄の合計比率が、26.9%と全体の1/4を占めており、日本を代表する225企業の平均株価指数ではあるものの、上位10企業の株価の変動が大きく影響を及ぼすファンドとなっています。

 組入企業の業種としては、

  1. 電気機器・・・4社
  2. 小売業・・・2社
  3. 情報・通信機器・・・2社
  4. 機械・・・1社
  5. 精密機械・・・1社

であり、電気機器関連の企業がほとんどを占めています。

f:id:shimajirou37:20190316102952j:plain

楽天・全米株式インデックス・ファンドとの比較

 では、楽天・全米株式インデックス・ファンドとの比較をしていきたいと思います。

パフォーマンスの比較

 ファンドが開始した、3年前からのチャートの変化を、スタートを100として、パーセンテージで表しました。

 どちらの商品が、より株価を上昇させているのかがわかります。

f:id:shimajirou37:20190316121536j:plain

 ※楽天・全米株式インデックス・ファンドは、【VTI】で代用しています。

 短い期間ではありますが、3年の間で、両ファンドともプラスに推移しています。動き的には、よく似た動き方をしていますが、「たわらノーロード 日経225」の方が、2016年に基準価額を割り込んだため、トータルでのパフォーマンスが低めとなっています。

 「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の方が、良好なパフォーマンスとなっています。

純資産の比較

 続いて、それぞれのファンドの純資産の比較を見てみましょう。資産が多ければ多いほど、投資家からの人気度合いにも、見る事が出来る指数です。

f:id:shimajirou37:20190316121844j:plain

 緑の棒グラフの「たわらノーロード 日経225」と、黄色い棒グラフの「楽天・全米株式インデックス・ファンド」について、2017年時点では、ほとんど同じでしたが、2018年に大きく、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」が引き離しています。

 現在では、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の方が、投資家から人気を集めているファンドといえそうです。

まとめ

「たわらノーロード 日経225」についての商品紹介、そして「楽天・全米株式インデックス・ファンド」との比較を、分析してきました。

 開始してから、まだ3年とちょっとと、分析するのには期間がとても短いので、今回だけでの内容で評価をするのは難しいですが、日経平均株価(日経225)に連動しているファンドに対し、パフォーマンス的には、アメリカ市場に連動している「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の方が、いい結果でした。

 純資産比較においても、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」が大きく上回っており、現時点では、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」で資産運用をした方が、資産が増える確率は高そうです。 

 それでは☆彡

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の商品紹介はこちら、

【はじめてのiDeCo(イデコ)】楽天証券で買う「楽天・全米株式インデックス・ファンド」