しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

傘は、手で持つ時代から、ドローンで飛ばす時代に?!

f:id:shimajirou37:20190113114526j:plain

 両手を使わずに、傘をさして歩くことが出来る?ほんとに?!こんにちは、アメリカ株で資産運用している☆しまじです☆

 目次

 なんと、自分で浮かんだまま、傘になってくれる、「ドローン傘」なのものがあるらしいのです。

ドローン傘とは

 手で持たない傘、「ドローン傘」。これは、上空からの撮影などで使用される、自立型小型飛行機ドローンが傘となり、人の頭上に浮かんだ状態で、傘になってくれるというもの。

  • ドローン・・・無人航空機。遠隔操作や自動制御で飛行する、航空機の総称

 まるで、近未来の物の様に感じますが、ついに実用的に販売されるようになるかもしれません。

f:id:shimajirou37:20190113120808j:plain

日本のドローン傘

 日本の企業で、ドローン傘を開発製造している会社があります。その会社の名前は、アサヒパワーサービス。手で持たない傘「フリーパラソル」がその商品になります。

 アサヒパワーサービス のホームページです。

フリーパラソル

 試作機の開発が進められており、現在、第3弾まできている様です。
 開発された試作機は、特定のマークを認識し、追従する自動操縦仕様となっており、この「フローパラソル」さえあれば、雨が降っていようと、太陽がさんさんと降り注ごうと、傘をさしても、両手がしっかりと使えます。

 買い物帰りに、たくさんの荷物を持っていたり、自転車に乗って両手が塞がっていても、大丈夫!!頭の上に浮かんだ傘が、自動で追従してくれます。すばらしい。

改善の余地あり

 まるで、夢の様なドローン傘ですが、なかなか実用化に時間がかかっているのは、次のような改善点があるからです。

音がする

 ドローンを飛ばすと、ウィーンという音が結構します。気にはなります。

風が出る

 ドローンは機体の上にある空気を下に吐き出すことで浮かんでいるため、機体の下側、そうです、下にいる人に向けて下降気流を発生させます。
 つねに風があたっている状況になります。ちょっときついです。

追従が遅い

 人間の頭を認識したり、腕に付けたブレスレットを認識して、自動追従するのですが、その速度に、まだ制限があります。

価格が高い

 透明なビニール傘なんて、100円で買える時代です。ドローン傘は3~10万ほどにはなりそうなので、購入コストは高めになります。

などなど、開発されたばかりなので、いろいろと課題はあるようです。でも、用途としては、めっちゃ凄いし実用的ではありませんか~。

f:id:shimajirou37:20190113135217j:plain

まとめ

 ということで、「ドローン傘」についての話題でした(^_-)-☆ 何事も、やってみなければ、実現しません。何かと課題は多いですが、一つ一つクリアしていけば、必ずやすばらしい、「ドローン傘」が完成する事だろうと思います。

 これからの、技術の進歩に期待だ。
 それでは☆彡

 

アメリカ株ブログの偉人達に出会えます

にほんブログ村 米国株