しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

スマートフォンの各メーカにおける世界シェアはどれくらい、そして日本では【2018年2Q版】

f:id:shimajirou37:20180917100913j:plain

 20年前、誰もスマートフォンを持っていなかった時代から、今では、一人1台持っていているのが当たり前の時代になりました。アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆ では、各メーカにおける、現在のスマートフォンの世界におけるシェア、そして日本におけるシェアは、どうなっているのでしょうか。

 目次

スマートフォンの世界シェア

 では、世界シェアから見ていきましょう。

出荷シェア比率【2018年第2四半期】

f:id:shimajirou37:20180917105600j:plain

 世界の出荷シェア比率、第1位は【サムスン】。去年に引き続き、第1位を守っています。続いて、去年3位だった【ファーウェイ】が【アップル】を抜き、第2位へとランクを上げました。続いて、【シャオミ】【オッポ】と、中国勢がかなり力をつけてきています。

出荷シェア表【2018年2Q】

企業名 2018.2Q出荷 2018.2Qシェア
サムスン Samsung 韓国 7,150万台 20.9%
ファーウェイ Huawei 中国 5,420万台 15.8%
アップル Apple アメリカ 4,160万台 12.1%
シャオミ Xiaomi 中国 3,190万台 9.3%
オッポ OPPO 中国 2,940万台 8.6%
その他     11,370万台 33.2%
合計 34,200万台 100.0%

※Business Wire 参照

 4半期で、約3億4,200万台のスマホが出荷されています。年間だと、約13億6,800万台ですね。 世界の人口が76億人ほどなので、ここ1年間に、6人に1人がスマートフォンを購入した計算になります。すごい世の中になりました。

 今回の統計は、出荷台数なので、売上高と利益については、また順位が変わることになりそうですが。

昨年との比較

企業名 前年出荷比 前年比増減率
サムスン Samsung 韓国 -830万台 -10.4%
ファーウェイ Huawei 中国 1,570万台 40.8%
アップル Apple アメリカ 30万台 0.7%
シャオミ Xiaomi 中国 1.050万台 49.1%
オッポ OPPO 中国 140万台 5.0%
その他     -2,580万台 -18.5%
合計 -620万台 -1.8%

※Business Wire 参照

 全体的に、出荷台数は620万台、去年よりも減っています。スマートフォンを購入できる世帯数が飽和状態となっている様子です。その中で、大きく出荷台数を増やしたのが、【ファーウェイ】と【シャオミ】の2社で、前年比40%以上の増と、半端ではない成長をしています。【アップル】も、少しだけプラスですが、これまで、世界シェア2位の【アップル】が、【ファーウェイ】と入れ替わった要因が、この増加です。

 対し、マイナスとなったのが、【サムスン】と【その他】で、この2つからユーザが離れていっている状況です。 

f:id:shimajirou37:20180917100927j:plain

スマートフォンの日本シェア

 では、日本におけるスマートフォンのシェアはどうでしょうか。

出荷シェア率【2017年通期】

f:id:shimajirou37:20180917152142j:plain

 【アップル】がダントツのシェア第1位となり、出荷台数の半分を占めています。続いて、日本製の【シャープ】と【ソニー】が続き、世界第1位の【サムスン】が第4位となっています。

 世界で名をはせている、【ファーウェイ】はその他に入っていますが、これからSIMフリーが増えてくると、国内における出荷台数も増加していきそうな感じはあります。

出荷シェア表【2017年通期】

企業名 2018.2Q出荷 2018.2Qシェア
アップル Apple アメリカ 1,626万台 49.9%
シャープ SHARP 日本 409万台 12.6%
ソニー SONY 日本 408万台 12.5%
サムスン Samsung 韓国 191万台 5.9%
富士通 FUJITSU 日本 175万台 5.4%
その他     449万台 13.8%
合計 3,258万台 100.0%

※IT media 参照

 【アップル】がダントツで、年間1,626万台を国内向けに出荷しています。【アップル】が作っているスマートフォン「iPhone」の内、10台に1台は、日本で販売されていることになります。やはり、日本は裕福であり、格安を求めるよりも、デザインや機能性を求める人の方が、多い国と言えそうです。

 そして、国内メーカ【シャープ】【ソニー】【富士通】もがんばっています。合計すると、1,000万台程の販売台数ですね。

 

f:id:shimajirou37:20180917100937j:plain

まとめ

 スマートフォンの各メーカにおける、世界シェアと日本シェアについて、まとめました。世界と日本では、メーカのシェア率がまったく異なっていました。世界を相手には、中国メーカが、非常に力をつけてきている状況です。そんな中、販売台数を減らしていない【アップル】も流石です。日本のメーカには、ぜひ頑張ってほしいところですね。

 Business Wireさま、そして、IT mediaさま、数値を参考にさせていただきました。ありがとうございました。

 それではっ