しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

子育てにかかる費用はどれくらい? 1人の子を大学卒業するまで育てた場合

f:id:shimajirou37:20190106200149j:plain

 子供を1人育てるのに、どれくらいの費用がかかるのだろう?2人の子育てに追われて、ぜんぜんっお金が貯まらんわ~。こんにちは、アメリカ株で資産運用している☆しまじです☆

 目次

 子育てしていると、時間もなければ、お金もない。ないないばっかりですね。実は、学資保険にも入っていない、しまじです。そのうち出来るだろうと思っていた貯金も、全くできておらず、不安が募るばかり。。。

 というわけで、子供が生まれて、大学を卒業するまでの費用を試算してみました。
 ※ 実際は、人によって、それぞれ違った進路になると思いますが、とりあえずやってみました。 

生まれてから幼稚園に入るまで

 まずは、生まれてから幼稚園に入るまで、または、保育園を含んだ費用を試算していきます。0~3歳までの4年間です。
 その間に必要な費用は、

必要経費(0~3歳)

小児科通院費

 出産後の通院や、病気になった時の通院など、また、通う時の交通費やその他もろもろで、約10万円。

おむつ代

 1枚約15円として、1日に5回使用したとした場合、約11万円。

ミルク代(離乳食費)

 1日あたり300円として、約45万円。

ベビー服代

 月に5千円購入したとして、約25万円

ベビーベッドやおもちゃなど

 とりあえず、1年10万で4年間として、40万円とします。

100日参りや七五三のお祝いなど

 こちらも、とりあえず約10万とします。

その他

 他にも、予想していない様な出費がありそうです。約40万円。

合計

 合計すると、171万円です。ただ、もし保育園に預かってもらう場合には、場合によっては、結構な額がプラスになります。例えば、大きく収入があり、3歳以下の子供を保育園に預かってもらう場合、1月あたり5万程かかったりもします。その場合、3年預かってもらったとして、180万のプラスです。 

幼稚園

 続いて、幼稚園に入園して小学校に入るまでを試算していきます。

必要経費(3~6歳)

入園資金

 幼稚園に入園するのに、必要なものを買う費用、10万円

幼稚園保育料

 幼稚園の保育料が、毎月1万円かかるとして、36万円

ご飯代

 食べる量も増えてきました。1日あたり500円として、54万円

洋服代

 洋服もいろいろと欲しくなってきます。また、バックや水筒なんかの必要備品も更にプラス。月に8千円購入したとして、約29万円。

小児科通院費

 まだまだ、小児科にお世話になります。約10万円。

習い事

 スイミングなんかも習いだします。月あたり8千円で、約29万円

七五三のお祝いなど

 約5万円

その他

 他にも、予想していない様な出費がありそうです。約30万円。

合計

 合計すると、203万円です。ただ、もし保育園に預かってもらう場合で、大きく収入があり、3歳以上の子供を保育園に預かってもらうとすると、1月あたり3万5千円程かかったりもします。その場合、3年預かってもらったとして、126万かかります。幼稚園に比べ、約90万円のプラスになります。 

f:id:shimajirou37:20190106200742j:plain

小学校

 続いて、小学校の6年間を試算していきます。

必要経費(6~12歳)

入学準備費

 小学校に入学するのに、必要な物を買う費用、10万円。

小学校教育費

 小学校より、毎月引き落とされる教育費が、毎月5千円かかるとして、36万円。

小学校給食費

 給食費も教育費と一緒に引き落とされます。毎月7万円かかるとして、約50万円。

ご飯代

 さらに食べる量も増えてきました。1日あたり800円として、約123万円

洋服代

 小学生にもなると、おしゃれな服を着たくなったり、してきます。月に1万円購入したとして、72万円。

通院費

 子供は風の子と言いながら、すぐに風邪をひいたり、思わぬけがをしてしまいがちです。20万円。

習い事

 スイミングを続けながら、スポーツクラブに加入したりして。1月あたり1万5千円で、約110万円

七五三のお祝いなど

 約10万円

その他

 他にも、予想していない様な出費がありそうです。約50万円。

合計

 合計すると、481万円です。ただ、もし私立の小学校に通った場合、6年間の教育費用は、約520万円と言われています。(学校によって、いろいろです)公立の小学高に比べ、484万円のプラスになります。

中学校

 続いて、中学校の3年間を試算していきます。

必要経費(12~15歳)

入学準備費

 中学校に入学するのに、必要な物を買う費用、10万円。

中学校教育費

 中学校より、毎月引き落とされる教育費が、毎月1万円かかるとして、36万円。

中学校給食費

 給食費も教育費と一緒に引き落とされます。毎月7万円かかるとして、約25万円。

部活費用

 中学校になると、部活に入ります。なにかと購入します。30万円。

ご飯代

 食べ盛り。1日あたり1,000円として、約108万円

洋服代

 自分自身でも、おしゃれに目覚めだします。月に1.5万円購入したとして、54万円。

 高校受験に向けて、塾に通い出します。月2万円として、72万円。 

その他

 他にも、予想していない様な出費がありそうです。約60万円。

合計

 合計すると、395万円です。ただ、もし私立の中学校に通った場合、3年間の教育費用は、約300万円と言われています。(学校によって、いろいろです)公立の中学高に比べ、264万円のプラスになります。

f:id:shimajirou37:20190107204946j:plain

高校

 義務教育は、中学校で終了しますが、高校までは行く確率が高いと思います。

必要経費(15~18歳)

入学準備費

 高校に入学するのに、必要な物を買う費用、10万円。

高校教育費

 高校より、毎月引き落とされる教育費が、毎月1.5万円かかるとして、54万円。

お弁当代

 1日あたり600円として、約65万円。

部活費用

 高校生になると、本格的に部活に取り組みます。30万円。

ご飯代

 人生で一番食欲がある時です。1日あたり1,500円として、約162万円

洋服代

 オシャレしたいですが、かなり忙しくて、思ったよりは買う余裕がないのでは。ひと月に1.5万円購入したとして、54万円。

 大学受験に向けて、塾に通います。月3万円として、108万円。 

その他

 他にも、予想していない様な出費がありそうです。約30万円。

合計

 合計すると、513万円です。ただ、もし私立の高校に通った場合、3年間の教育費用は、約320万円と言われています。(学校によって、いろいろです)公立の高校に比べ、266万円のプラスになります。

 

大学

 もっとも費用が必要と言われている、大学生です。

必要経費(18~22歳)

入学準備費

 高校に入学するのに、必要な物を買う費用、30万円。

入学費

 入学費用が、80万円。

大学教育費

 大学に払う、毎年の授業料が、1年あたり100万円として、4年間で400万円

生活費

 県外の大学に出た場合、アルバイトばかりもさせられないので、仕送りします。月10万円したとして、4年間で480万円。

その他

 他にも、予想していない様な出費がありそうです。約40万円。

合計

 合計すると、1030万円です。ただ、もし私立の大学に通った場合、4年間の授業料は、約900万円と言われています。(学校によって、いろいろです)国立の大学に比べ、420万円のプラスになります。

f:id:shimajirou37:20190107211842j:plain

トータル計算

 では、これまでにかかった費用をトータルしてみます。

就学 公立・国立の場合 私立の場合
生まれてから幼稚園まで 171万円 351万円
幼稚園 203万円 293万円
小学校 481万円 965万円
中学校 395万円 659万円
高校 513万円 779万円
大学 1,030万円 1,500万円
合計 2,793万円 4,547万円

 ※ しまじの勝手な試算ですので、多少異なる数値があると思います。 

まとめ

 子供を一人育てるのに、必要な費用を計算してみました。あくまで、勝手な試算ですので、実際にはそれぞれの家庭における、教育方針やお金の使い方で、変わってくるとは思いますが、ある程度の指標くらいには、なるのではないかなと思っています。

 日本で、子供を大学卒業まで育てた場合、国公立でも、約2,800万円必要という計算になりました。22年間で割ると、1年間に127万円が必要ということになります。更に私立の場合だと、トータルで約4,450万円。22年間で割ると、1年間に202万円必要という事になります。

 例えば、国公立で大学卒業まで3人の子供を育てたとすると、年間、381万円必要になります。となると、手取りで32万円あったとして、やっと子供の養育費になる計算なので、とても生活が出来る状況ではなくなります。。。なかなか厳しい (>_<)
 もう少し、金銭的に子育てが楽になればいいなと思いながら、今日は筆を置きました。
 それでは☆彡

 休日の主夫っぷりです☆ 

www.shimaji-amekabu.com

 

アメリカ株ブログの偉人達に出会えます

にほんブログ村 米国株