しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

証券会社ってどこを選べば良い?

f:id:shimajirou37:20180103071743j:plain

こんにちは、☆しまじです☆

マイナンバーカードを入手し、証券会社に口座をつくろうと思っているのですが、いったいどこの証券会社に口座を開けばいいものか・・・。

調べてみました!

 目次

 

まずは

 証券会社の数が、物凄く多い。自分の中で、なにか条件を付けないと、どうにも絞れない

 ということで、

 口座を開いた後、どうしたいのかをまずは考えていきます。

 投資といえば、株ではないでしょうか。配当金がもらえて、さらに株価が上がれば一石二鳥。投資先に何かあった場合に、もちろんリスクはありますが、そこは、信頼をおける会社をしっかり選べれば問題なしっ のはずっ

 選定の基準として、株式投資が出来る証券会社であること

 さらに、どこの国の株を購入するか それは、アメリカ 理由は、アメリカンドリーム!!

 市場が大きくて成長性があり、優良企業が多いし、何より、カッコイイ☆(ティッカーとかって言葉も何かいい)

 以上により、アメリカ株が購入できる証券会社を選択することに決定!

 

アメリカ株を取り扱う証券会社

 アメリカ株という呼び方でいいかどうかはわかりませんが、アメリカ株取扱い証券会社一覧はこちら、

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 野村ネット&コール
  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券
  • 岩井コスモ証券
  • エイト証券
  • GI証券

8社がヒットしました。他にもあったらすいません。。。

楽天証券、SBI証券、マネックス証券、野村ネット&コールはよく聞く証券会社だな~

 

証券会社比較

 それぞれの証券会社に長所短所があり、口座を開設する方の環境により、一番合ったところがあると思いますが、自分に一番合った証券会社を見つけるために、検討をしていこー

 それぞれのホームページをざっくり見ていく中で、初心者でもとっつきやすそうで、手数料が安いところ・・・。1時間程、検討した結果

 楽天証券、SBI証券、マネックス証券

 の3社に絞りました。

 この3社については、手数料が一緒で迷ってしまいます。。。そこで、比較表を作ってみました 

項目 楽天証券 SBI証券 マネックス証券
特定口座 対応 対応 対応
NISA 対応 対応 海外ETF買付時の 手数料無料 対応 買付時の手数料 キャッシュバック
取扱い銘柄数 1,333銘柄 1,395銘柄 3,351銘柄
売買手数料 約定代金の0.45% 最低5ドル~上限20ドル 約定代金の0.45% 最低5ドル~上限20ドル 約定代金の0.45% 最低5ドル~上限20ドル
為替手数料 25銭/1ドル 25銭/1ドル 25銭/1ドル
注文方法 指値・成行 指値・成行 指値・成行 逆指値・ツイン指値
決済 米ドル・円 米ドル・円 米ドル
注文有効期間 当日中 15営業日(米国) 90日
発注可能時間帯 23:30~6:00 (6.5時間) 10:30~19:00 19:30~6:00 (19時間) 24時間
株情報 ・バロンズ拾い読み ・ニュース「米国市場」 バロンズ拾い読み ・バロンズ拾い読み ・米国株厳選銘柄レポート
ツール マーケットスピード - トレードステーション
設立 1999年 1998年 1995年
資本金 74.95億円 483.2313億円 122億円
従業員数 340名 482名 259人
売上 466.87億円 904.64億円 458.31億円
口座数 225万 384万 173.7万
預り資産 40,990億円 108,000億円 42,719億円
待機資金を 米ドルMMFで運用 米国貸株サービス -

 NISAについて・・・資産が少ない為、NISAは必ずやる予定

 個別株とETFの両方とも、買付時の手数料がキャッシュバックされるマネックスが一番

 取扱銘柄数について・・・マネックスがダントツで多いけど、そんなに銘柄を知らないので、どれもイーブン

 売買・為替手数料・・・一緒だね。あと、口座管理手数料がどこもかからないのは、オンライン証券のメリットだと思う

 注文方法・・・マネックスだと、逆指値なども出来るのか、投資レベルを上げていって、使ってみたいな

 決算・・・楽天とSBIは、円での決算が可能。とっつきやすいかも

 注文有効期限・・・マネックスの90日間は魅力!!

 注文可能時間・・・楽天は、ホームページからではよくわからず、取引可能時間帯にて記載しております。マネックスは、24時間いつでもOK

 株情報・・・3社が提供している、「バロンズ拾い読み」を読みたい

 ツール・・・SBIは、アメリカ株専用のツールはない?

 設立・・・どこも設立して20年くらい。

 資本金・従業員・売上・・・設立して20年ほどで、これほどまでに成長するとは、どこも大企業。SBIは中でも飛びぬけております。

 口座数・・・売上に引き続き、SBIがトップ。日本全国、結構、多くの人が投資をしていることを実感

 預かり資産・・・こちらも、SBIがダントツトップ。

 

 以上、3社を比較した中で、アメリカ株の購入をする為に、開設する証券会社は、

「マネックス証券」

 に決めました!!

 理由は、NISA口座の場合、買付手数料がキャッシュバック!それと、注文有効期限が90日間であること、また、取扱銘柄数の多さや発注可能時間帯が24時間なところが、アメリカ株に特に力を入れているように思えるから です。

 楽天証券、SBI証券についても、今後、取引をするかもしれないので、口座は作っておこうと考え中

 さっそく、口座開設申込み開始~

 

それでは