しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

まだまだ続く強気のアメリカ相場、いつ弱気になる?!

f:id:shimajirou37:20180812202006j:plain

 いつも、ブログをご覧いただきありがとうございます♪ アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 2月から調整相場へと入りましたが、それでも、年初めに比べると、アメリカ市場の平均株価は上昇を続けています。今後も、強気のアメリカ相場は続いていくのでしょうか。今日は、今後のアメリカ相場について、考えてみます。

 目次

 

年初来のアメリカ市場

 2018年に入ってからのアメリカ市場の成長について、見てみましょう。

 ダウ工業平均の年初来からの株価の推移です。

f:id:shimajirou37:20180812204021j:plain

 1月に2,000ドル近く上昇させた後、一気に3,000ドル以上、暴落しています。調整相場の始まりです。しかし、その後は、上がり下がりをしながらも、年初来566ドルの上昇を見せており、今後もこのまま上昇を続けていきそうです。

 続いて、S&P 500の年初来からの株価推移です。「VOO」で見てみます。

f:id:shimajirou37:20180812205233j:plain

 ほぼ、1月に達した高ねまで、株価が上昇をしています。調整相場をものともしない、成長ぶりです。代表銘柄の30種より、アメリカ市場全体が、株価を押し上げている状況になっています。

f:id:shimajirou37:20180812210320j:plain

 

弱気相場が始まる条件

 各企業の好決算が続いており、まだまだ、続きそうな強気相場ですが、いずれは、弱気相場になるのも、株式市場の流れの中で起こりうることです。では、次に訪れる弱気相場は、どのような状況で始まるのでしょうか。

 スティーブ・アイフォーン氏は、次のような条件が重なった時に、弱気相場が始まると予想しています。

  • 問題があるインフレ
  • 金融引き締め政策
  • 景気後退の脅威
  • 投資家の熱狂
  • 高いバリュエーション

この5つです。

問題があるインフレ

 インフレとは、物の価値が上がりお金の価値が下がる事ですが、景気が良くなるとインフレになりやすくなりますが、このインフレが2.5%を超えてくる状態を、問題があるインフレと言います。

金融引き締め政策

 金融引き締めとは、景気が加熱しすぎた場合に、FRBなどが、それを抑えるために、国債を売却するなどして、世の中に出回るお金の量を減らして、投資や消費を抑える動きのことを言います。

景気後退の脅威

 言葉の通り、企業の景気が後退を始めるということ。

投資家の熱狂

 投資家が、儲かるものと思い、多くの資金を投資する状況。

高いバリュエーション

 バリュエーションとは、PER(株価収益率)や、PBR(株価純資産倍率)などを用いて示す、その企業や指数の評価のことで、その値が高いということ。

 

今のアメリカ市場は

 では、今のアメリカ市場はどうでしょうか。先ほどの5つに当てはまるものはあるのでしょうか。

 今のところ、これといってあてはまるものはありません。ということは、まだまだ、アメリカ市場の強気相場は続いていくと予想できます。 

f:id:shimajirou37:20180812212033j:plain

 

今日のまとめ

 2018年のアメリカ市場についてでした。調整相場に入った後も、順調に上昇を続けているアメリカ市場。先の事は、誰にもわかりませんが、まだまだ強気相場は続いていくようにも思えます。

 対し、弱気相場が始まる兆候は5つありました。この兆候を、逃すことなくアメリカ市場を見続けていけたらと思います。

 それではっ