しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

【世界】【日本】【アメリカ】2100年までの人口の推移は?!

f:id:shimajirou37:20180813081902j:plain

 いつも、ブログをご覧いただきありがとうございます♪ アメリカ株で資産運用をしている☆しまじです☆

 これから投資をしていく上で、重要な情報の一つとして、人口の推移があります。将来を見据え、増加していくのか、減少していくのか、それは経済の成長、そして企業の経営方針に大きく関係してくる項目です。

 目次

 

世界の人口の推移

 最初に、世界の人口が2100年までの間で、どのように推移していくのかを見てみましょう。

f:id:shimajirou37:20180813092110j:plain

 ※World Population Prospects参照

 世界の人口は、これから2100年に向けて右肩上がりで増え続けています。

西暦 世界の人口 2017年対増減
2017年 75億5026万人   
2030年 85億5119万人  10億93万人UP 
2050年 97億7182万人  22億2156万人UP 
2100年 111億8436万人  36億3410万人UP 

 約76億人の人口は、2100年には、約1.5倍の112億人にまで増加する予想となっています。2050年までが急速な人口増となり、その後は緩やかな上昇。いずれは、減少に転じる時が来るのでしょうけども。。。 

f:id:shimajirou37:20180813082621j:plain

 

日本の人口の推移

 続いて、日本の人口が2100年までの間に、どのように推移していくかになります。

f:id:shimajirou37:20180813093601j:plain

 ※World Population Prospects参照

 世界の人口増加とは対照的に、2100年に向けて、日本の人口は減少の一途をたどっています。

西暦 世界の人口 2017年対増減
2017年 1億2748万人   
2030年 1億2158万人  590万人DOWN 
2050年 1億879万人  1869万人DOWN 
2100年 8453万人  4295万人DOWN 

 人口増のピークを越えた日本は、これから高齢化社会となり、人口は減少の一途をたどっていく予想となっています。出生率は低下し、移民もない日本は、人口が増えることはほぼないといってもいいでしょう。

 2030年からは、減少が加速し、2100年には、現在の約2/3の8000万人台にまでなっています。ここまでくると、危機的状況を感じます。 

f:id:shimajirou37:20180813082631j:plain

 

アメリカの人口の推移

 最後に、アメリカにおいて人口が2100年までの間に、どのように推移していくかになります。

f:id:shimajirou37:20180813094600j:plain

 ※World Population Prospects参照

 アメリカは、世界の人口の推移と比例し、増加していっています。

西暦 世界の人口 2017年対増減
2017年 3億2445万人   
2030年 3億5471万人  3026万人UP 
2050年 3億8959万人  6514万人UP 
2100年 4億4748万人  1億2303万人UP 

 2100年には、30%増といったところです。アメリカも先進国であり、出生率は1.82とそんなに高いわけでもなく、人口は減少していきそうですが、日本と異なる点は、多くの移民が入国してくるというところです。

 それでも、高齢化は進んでいくため、楽観視はできないですが、ただ、今後、人口が増加をしていくというのは、明るく感じます。 

f:id:shimajirou37:20180813082642j:plain

 

今日のまとめ

 世界、日本、そしてアメリカの人口推移についての内容でした。これから、世界の人口、伴いアメリカの人口も増加を続けていく中、日本の人口は大きく減少をしていく予想となっています。

 すぐに表面化することはないですが、長い目で見た時に、高齢化社会の問題も含め、日本で事業を拡大していくためには、さまざまな知恵や事業展開が必要となりそうです。そうした点では、アメリカ、そして世界に目を向けていくことは必然なのかもしれません。

 それではっ