しまじろうの資産運用

☆しまじ☆が資産運用をしていくブログです。アメリカ株をメインとして、ETFと個別株に投資。資産を増やしています。

【資金0円からの投資術】楽天スーパーポイントを使って、全米株式インデックス【VTI】で資産形成

f:id:shimajirou37:20190116221415j:plain

 楽天スーパーポイントを使って、なんと全米株式インデックス【VTI】に投資が出来るんです!!こんにちは、アメリカ株で資産運用している☆しまじです☆

 目次

 楽天スーパーポイントとは

 まずは、楽天スーパーポイントについての紹介です。楽天経済圏。普段生活をしていく上で、必要なものが何でも揃う、楽天。楽天経済圏は、どんどんと広がっています。この経済圏に、足を踏み入れるのかどうかは、ひとそれぞれ。どっぷりつかりたい人もいれば、ちょこっとだけ足をつっこめればいいや、という人など、様々ではありますが、何もしないよりは、とてつもなくお得なものです。

 しまじも、どっぷりとは言いませんが、なにかと足をつっこんでいる1人です。そして、この楽天経済圏に関わっていると、楽天スーパーポイントが貯まっていきます。というか、ポイントを貯める為に、楽天経済圏に深入りしていくといった感じでしょうか。

 詳しくは、ここでは省きますが、楽天から物を購入したり、様々なサービスを受けてお金を使うと、その内容に準じて楽天スーパーポイントがもらえます。

 更に、

 SPU:スーパーポイントアッププログラム

というものがあり、様々な条件を満たしていくと、どんどんと、もらえるポイントが増えていき、最高で+15倍にまでなります。

 1万円のものを購入すると、1,500円分のポイントがもらえるのですから、凄い魅力です。実際に、+15倍にまでするのはなかなか困難ですけれど・・・。でも、上手くやると、誰でも5~7倍程にはなります。

 1万円購入で500~700円分のポイントがもらえちゃうんですから、やらないよりは、やった方が断然お得!!

 そして、貯まった楽天スーパーポイントは、そのポイントを使ってお買い物が出来ますし、なんと、楽天証券で、投資信託が買えちゃうのです!!

 

楽天証券

 楽天証券とは、楽天が運営している証券会社で、日本のネット証券でいうと、常に3本の指に入っている言わずと知れた証券会社です。

 国内株式はもちろん、海外株式や投資信託、そして確定拠出年金iDeCo(イデコ)やNISAなんかも取り扱っています。

 もちろん、しまじも楽天証券に口座を持っているのですが、なんと、この楽天証券にて、楽天スーパーポイントを使って、資産運用が出来ちゃうのです!!(←このセリフ何回目やねん)

 ポイントを使って投資をするという事は、現金が一切必要ありません。つまり、資金0円で投資を始める事が出来るんです!!なかなか、投資に回せる資金を作り出すのが難しいという方でも、生活していれば、ポイントは貯まっていくと思います。その貯まったポイントで、投資を開始し、じっくりと運用していけば、資産を増やしていく事が可能となります。

 ポイントで投資が出来るなんて、凄い時代になりました☆

f:id:shimajirou37:20190116231841j:plain

 

楽天スーパーポイントで投資するファンド

 楽天スーパーポイントを使って、投資が出来るという事ですが、どのような商品が購入できるのかというと、楽天証券が取り扱っている投資信託を購入する事が出来ます。

 投資信託と言っても、ものすごい数の商品がありますし、正直、なにがなにやら全く分からない・・・。というのが、現状かもしれません。とりあえずは、人気ランキングでも見てみるか~。ってな感じでしょうか。

 実際には、運用する方の、状況。年齢や家族構成、そしてこれからも仕事を続けていける状況であるのか、もう定年を迎え、年金で生活をしていくのか、などにより、選択する銘柄は分かれていくと思います。

 例えば、確実性を求めるのであれば、債券などに関する低リスク低リターンの銘柄になりますし、まだまだ20代で、資産を大きく増やしたいというのであれば、株式や新興国向けの高リスク高リターンの銘柄になっていくのではないでしょうか。

 そうした中、もし、ある程度の期間をかけて、資産を増やしていきたいと考えられているのでしたら、とりあえず選定してみてはと言うファンドに、

 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド)

 というものがあります。アメリカ株で資産運用しているしまじとしては、一押しのファンドです。

 このファンドは、全米ということで、アメリカに上場している企業すべてに分散投資しているファンドになります。つまり、アメリカ経済全体が潤っていけば、株価が上昇しますし、逆に衰退していけば、株価が下がるというものです。つまり、アメリカ市場の状況に同期して、株価が上がり下がりする、つまり、アメリカ市場のインデックスファンドということになります。

 2018年の株式市場は、資産形成をする上で、ずいぶんと苦戦した年となりました。それでも、今年に入り順調に株価を上昇させているのが、このファンドです。そして、世界経済の中心地であるアメリカ、将来的にも、株価が上昇していく確率は非常に高いと思われます。

 

全米株式インデックス【VTI】とは

 先ほど、紹介した楽天・全米株式インデックス・ファンドですが、これは、まさに、バンガードが運営している、バンガード トータル ストック マーケット ETF【VTI】になります。実際には、この【VTI】を楽天が仲介しているという構図です。

 アメリカ市場に詳しい方であれば、誰もが知っている【VTI】。インデックス投資の基本銘柄であり、とても経費がやすい事で有名なETF(上場している投資信託)になります。

 投資信託を運営していく為には、どうしても経費が必要なのですが、この経費は投資をしている人が、決められた経費率で支払いをしないといけません。なので、この経費は、安いにこしたことはないのです。

 そして、【VTI】の経費費用は、0.04%と、とてつもない格安なのです。これに、楽天側の経費である、0.1219%がプラスされ、楽天・全米株式インデックス・ファンドの投資信託の経費率は、0.1619%となっています。

 アメリカで【VTI】を購入した場合の経費率よりも、楽天で購入した投資信託の経費率の方が、高くなってしまいますが、ポイントで投資が出来て、分散投資もできるメリットを踏まえれば、とても安価な管理費用なのではないかと思います。

 日本に居ながら、円でもって、アメリカの全市場に分散投資がワンクリックで出来てしまう。ほんとに時代は変わりました。

バンガード トータル ストック マーケット ETF【VTI】の10年間株価推移

 では、先ほど紹介しました【VTI】のここ10年間の株価推移を見てみましょう。f:id:shimajirou37:20190126085231j:plain  きれいな右肩上がりをしています。過去を振り返ると、10年前から購入を続けていた場合、確実に資産が増えたでしょう。ただ、2018年からは株価が激しく上下しており、特に年末の下げ幅は、とても大きいものでした。

 将来、どのように変化していくかは、神のみぞ知るですが、これからも人口が増え続けるアメリカ市場、そして経済成長を誰もが望んでいることから、緩やかになったり、去年の様な下落ももちろんあるとは思いますが、10年単位の長期スパンで見た場合には、右肩上がりに増えていくのではないのかなとの、予想が出来ます。 

f:id:shimajirou37:20190116231906j:plain

  

まとめ

 今日は、楽天スーパーポイントを使って、全米株式インデックス【VTI】に投資が出来るという事についての内容をお伝えしました。ポイント投資は、大きな資金を動かすのではなく、少ないポイントを、地道にコツコツと投資していくスタイルになります。

 でも、毎月続けることで、時間的な分散投資が出来て、資産が減るリスクを極力抑える事が出来るメリットもあります。

 そして、さらに、ひと月のうちに、500ポイント以上のポイントを投資すると、SPUが+1倍になるメリットもあります。SPUの倍率を上げたい方にも、メリット大の資産運用方法ではないでしょうか☆

 10年後には、それなりの資産が築けてるかな~ (*^。^*)
 それでは☆彡

 

アメリカ株ブログを見るならココ☆

にほんブログ村 米国株